「平成23年 年間集計 パートタイマー募集時平均時給 動向レポート」を発表 ~東日本エリアは3円減の1,006円 西日本エリアは12円減の915円~

当社発行の新聞折込求人紙『しごと情報アイデム』紙面より職種・募集時時給などを調べ、平成23年度のパートタイマー募集時平均時給の動向をまとめましたのでお知らせします。

調査データ

調査は、『しごと情報アイデム』より各月第1・第3日曜発行分のデータを特別集計し、
平成22年のデータと対比しています。
平成23年の募集時平均時給は、東日本エリア・西日本エリア共に減少しており、
平均時給においては薬剤師が最も高い結果となりました。
職種別対前年平均時給の増加額でみると、東日本エリアは「服飾販売員」が27円増、
西日本エリアは「薬剤師」「娯楽場等の接客サービス員」が共に18円増でした。

・職種別平均時給
東日本・西日本共に減少

・職種別対前年平均時給増減額
最も増加したのは東日本「服飾販売員」27円増、
西日本「薬剤師」「娯楽場等の接客サービス員」18円増
最も減少したのは東日本「介護ヘルパー」26円減、西日本「看護師、准看護師」27円減

・都道府県別平均時給比較
東日本/最高が東京都下の1,118円、最低が群馬県の860円
西日本/最高が大阪府の964円、最低が福岡県の792円

・都道府県別平均時給比較(増減額)
東日本で最も増加したのは東京都下の39円増
西日本はすべての府県で減少。最も減少したのは滋賀県で70円減

調査は、人と仕事研究所のホームページへの会員登録(無料)でご覧いただけます。

アイデム 人と仕事研究所  http://apj.aidem.co.jp/

トピックス