相互マッチング型就活サイト「JOBRASS新卒2014」モニターアンケート 「就職活動準備の開始時期・活動内容における調査」を発表 ~就職活動は7月以前にスタートまたは意識した学生が52.1%~

調査データ

【調査結果のポイント】
・就職活動についてスタートあるいは意識した時期は、7月以前が52.1%
  男性は7月時点で過半数の55.8%が就活を開始。一方女性は48.8%
・就活準備中に積極的に取り組んだことは「自己分析・自己PR」が最多の51.1%
  インターンシップには43.1%が参加。一方、OB・OG訪問や面接対策は1桁台の少数派
  男性は業界研究に注力。女性は学内就職ガイダンスに参加
・就活準備期間中の情報収集にはナビサイトやキャリアセンターのガイダンスを活用
  男性はソーシャルメディア、有料の就活本などを活用
  女性は就職ナビサイトやキャリアセンター内の配布物で情報収集

【調査概要】
調査目的:就職活動準備における、就活生の実態を明らかにすること。
調査対象:相互マッチング型就活サイト「JOBRASS新卒2014」のモニター会員
    (2014年卒業予定で現在大学・大学院・短大・専門学校に通っている、一般企業などへの就職を希望している学生)
調査方法:Web上でアンケート回答
実施期間:2012年12月28日(金)~2013年1月10日(木)
調査回答:有効回答数311名(内 男性147名 女性164名)

詳細はこちらよりご覧ください。

トピックス