地元を題材にした『坊っちゃん2015』を舞台映像化! 『スマホを片手に走れメロス』に続く アイデム演劇プロジェクト・第二弾

その他

求人サイト「イーアイデム」では、地元を盛り上げるプロジェクト「地元ルネサンス・仕事ルネサンス」を昨年より実施しています。 その取り組みの一環として、地元をテーマにしたストーリーを舞台映像化する「アイデム演劇プロジェクト」を発足。

今回公開する第二弾は『坊っちゃん2015』。
夏目漱石の『坊っちゃん』をモチーフに、 坊っちゃんの孫の孫の息子である「坊っちゃん2015」を主人公にしたストーリーです。また本篇の他に、『坊っちゃん2015』の舞台脚本を依頼された高名な作家「先生」のエピソードを描く予告篇もあわせて公開します。
動画は3月23日(月)より、下記サイトにて閲覧が可能です。

【地元ルネサンス・スペシャルサイト】
http://www.e-aidem.com/contents/campaign2014/renaissance/index.htm

【YouTube アイデム公式】
https://www.youtube.com/user/aidemofficial

■『坊っちゃん2015』本篇(約7分) ※ダイジェスト篇もあり
あの夏目漱石の『坊っちゃん』から百年余り。坊っちゃんの孫の孫の息子である「坊っちゃん2015」は、地元を離れたい一心から、教師として松山に赴任します。
そこで、おなじく『坊っちゃん』の登場人物の子孫たちと出会い、彼らとのやり取りを通して、“地元で働くとは?”を考え始めます。

■『坊っちゃん2015』予告篇
『坊っちゃん2015』の舞台化を頼まれた高名な作家「先生」が、脚本を執筆するストーリー。
『脚本の依頼編』『キャラクターの考察篇』『大人の事情篇』『脚本の執筆篇』『先生はすすむ篇』の5本を展開します。

詳細はこちらよりご覧ください。

トピックス