2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【3月1日時点の状況】昨年を超え、3人に1人以上の学生が「面接・試験段階」に突入~企業に公表してほしい情報、1位「新卒採用者数・離職者数」 2位「残業時間」~

人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女685名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果  ※一部抜粋

≪就職活動の進捗状況≫
【主な活動】
「準備活動段階」18.1% 「エントリー活動段階」58.7%
「面接・試験段階」14.0% 「内定獲得/就活継続段階」3.1%

【各活動ステータスに到達した学生の割合】
「準備活動段階」94.6% (前年比+1.0ポイント)
「エントリー活動段階」81.0% (前年比+2.7ポイント)
「面接・試験段階」33.6% (前年比+3.6ポイント)

≪企業に公表してほしい情報≫
1位「過去3年間の新卒採用者数・離職者数」
2位「前年度の月平均『所定外労働時間(残業時間)』の実績」
3位「前年度の有給休暇の平均取得日数」

≪新卒人材紹介サービスの利用状況≫
「認知率」前年比11.1ポイント増、「利用率」前年比17.4ポイント増
イメージは、「自分の希望に合った企業を紹介してくれる」「視野が広がる」「就活対策をしてくれる」
利用経験のある学生の方がより肯定的

調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年3月1日~6日
有効回答:685名

調査結果の全文は、アイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス