2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【6月1日時点の状況】応募当初よりも志望度が上がった理由1位「採用担当者の態度」~「育児休業を利用したい」男子学生は前年から9.0ポイント増の58.5%~

人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生を対象に2回にわたり調査を実施しました(6月1日実施685名、6月15日実施681名)。その調査結果をまとめましたのでお知らせします。

 

調査データ

調査結果    ※一部抜粋

≪応募当初よりも志望度が上がった企業≫
「ある」77.3%
【志望度が上がった理由】
1位「採用担当者・社員の態度が良かった」
2位「思っていたよりも、社員の雰囲気が合いそう」
3位「思っていたよりも、やってみたいと思える仕事だった」

≪好印象な採用担当者≫
1位「気遣い・丁寧な対応」 2位「笑顔」 3位「親身」、最下位は「タメ口」

≪「オワハラ」経験の有無≫
「ある」11.2% 前々年から2倍超

≪育児休業等の利用意向≫
男性の利用意向 「育児休業」58.5% 「時短勤務」60.0% 「残業の免除」58.1%
「育児休業を取得したい」男子学生は前年から9.0ポイント増

調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
<6月1日時点>
調査期間:2017年6月1日~5日
有効回答:685名
<6月15日時点>
調査期間:2017年6月15日~19日
有効回答:681名

 

調査結果の全文は、アイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス