2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【7月1日時点の状況】約半数の学生が就活終了段階に。今後の応募時における妥協・譲歩条件、第一位は「給与額」

人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女647名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果  ※一部抜粋

≪就職活動の進捗状況≫
【主な活動】
「面接・試験段階」18.9%(前年比-1.4ポイント)、「内定獲得/就活継続段階」21.8%(前年比-0.7ポイント)、「内定獲得/就活終了段階」48.7%(前年比-0.5ポイント)

【各活動ステータスに到達した学生の割合】
「面接・試験段階」91.2%(前年比-2.2ポイント)、「内定獲得段階(内定獲得率)」71.7%(前年比-0.7ポイント)

≪新たに企業に応募する予定≫
「ある」67.9% (興味なし【業界】にも応募 63.0% / 興味なし【職種】にも応募 54.6%)

≪妥協・譲歩する条件≫
「ある」82.9% 妥協・譲歩条件1位「給与額」40.8% 2位「企業規模」39.7% 3位「勤務地」39.1%

≪内定辞退の状況≫
【内定「2社」の学生】
「まだ1社も辞退を伝えていない」25.3%

【内定「3社以上」の学生】
「入社意思のある数社の内定を残し、他はすべて辞退」28.5%、「まだ1社も辞退を伝えていない」9.0%

保留状態の企業がある学生は前年から増加

調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年7月1日~3日
有効回答:647名

 

調査結果の全文は、アイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス