活動レポート
Activity report

39歳以下の若手写真家に作品発表の場を提供する 「プロキオン・フォース」 作品募集を開始

前回の募集では、2名の方が審査を通過しました。アイデムフォトギャラリー「シリウス」は、今後も自由で独創的かつ発想力豊かな写真を取り上げ、若手写真家の可能性を広げるための支援を行ってまいります。

 

【作品募集について】

2018年9月29日(土)までの期間、プロ・アマを問わず、様々な写真表現に挑戦されている方を対象に、展示作品を募集します。応募者の中から当ギャラリー運営委員にて審査を行い、表現力が豊かで写真技術に優れている方もしくはグループを支援いたします。

【前回の審査を通過した方々】
葉  駿融/2019年2月14日(木)~2月20日(水)
藤居 敏子/2019年3月14日(木)~3月20日(水)

 

プロキオン・フォース」募集概要など詳細は、ホームページよりご覧ください。

シリウス

2018年05月30日

道徳の教科書に掲載

道徳4年(光村図書出版)の教科書に、アイデム写真コンテスト はたらくすがた」の入選作品が「わたしたちのくらしをささえてくれている人」として掲載されました。

はたらくすがた

2018年05月23日

第14回アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」小中高生から“大人が働く姿”を捉えた写真作品を募集

写真コンテスト「はたらくすがた」は子どもたちが働くことについて考える機会づくりを目的としています。当社では、当コンテストを社会文化活動の一環として2005年から実施しており、求人広告や人材紹介の事業を展開する企業として、働くことの素晴らしさ、大切さを次の世代を担う子供たちに伝えるため、この取り組みを進めています。昨年は全国から7,650点の作品が集まりました。

<写真のテーマ>
身の回りで働く大人の姿(被写体となる方の撮影許可が必要です)
<応募資格 >
小学生・中学生・高校生(3部門制)
<応募締め切り>
2018年9月12日(水) 当日消印有効

※応募用紙は問い合わせ、または当社ホームページからダウンロード
※高校生部門のみWEB経由での応募が可能

<お問い合わせ>
株式会社アイデム 写真コンテスト事務局
TEL/0120-938-989 (受付時間/平日10:00~17:00)

 

詳細はコンテストホームページをご覧ください

写真コンテスト

2018年05月10日

小・中・高校向け写真コンテスト「はたらくすがた」 大阪市内で子どもたちがとらえた大人の“働く姿”の写真展を開催

「第13回アイデム写真コンテスト『はたらくすがた』」の入選作品展を、大阪市中央区の「富士フイルムフォトサロン大阪」にて、2018年6月15日(金)~6月21日(木)まで開催します。期間中は応募作品7,650点の中から、グランプリや準グランプリなどに選ばれた入選作品48点が展示されます。

【開催概要】
≪期間≫ 2018年6月15日(金)~6月21日(木)
≪時間≫ 10時~19時  ※最終日は14時まで
≪会場≫ 富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア1F)
≪交通≫ 地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から本町通りに沿って 東へ約5分
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から本町通りに沿って 西へ約3分

はたらくすがた

2018年04月04日

小・中・高校向け写真コンテスト「はたらくすがた」 名古屋市内で子どもたちがとらえた大人の“働く姿”の写真展を開催

「第13回アイデム写真コンテスト『はたらくすがた』」の入選作品展を、名古屋市中区の「名古屋市民ギャラリー栄」にて、2018年1月23日(火)~1月28日(日)まで開催します。期間中は応募作品7,650点の中から、グランプリや準グランプリなどに選ばれた入選作品48点が展示されます。

【開催概要】
≪期間≫ 2018年1月23日(火)~1月28日(日)
≪時間≫ 9時30分~18時00分 ※最終日28日は17時00分まで
≪会場≫ 名古屋市民ギャラリー栄(愛知県名古屋市中区栄4-1-8 中区役所朝日生命共同ビル7F)
≪交通≫ 地下鉄「栄」駅12番出口すぐ ≪入場≫ 無料

はたらくすがた

2018年01月11日

39歳以下の若手写真家に作品発表の場を提供する「プロキオン・フォース」 作品募集を開始

受付は2018年3月31日(土)までで、 審査を通過した写真家の方々には2019年2月~3月の内、6日間の写真展を開催する権利が付与されます。
前回の募集では、 3名の方が審査を通過しました。アイデムフォトギャラリー「シリウス」は、 今後も自由で独創的かつ発想力豊かな写真を取り上げ、 若手写真家の可能性を広げるための支援を行ってまいります。

•作品募集について
2018年3月31日(土)までの期間、プロ・アマを問わず様々な写真表現に挑戦されている方を対象に
展示作品を募集します。 応募者の中から当ギャラリー運営委員にて審査を行い、 表現力が豊かで写真技術に優れている方もしくはグループを支援いたします。

前回の審査を通過した方々(写真展開催予定)
・石毛 優花(2018年7月19日~7月25日)
・宗玄 浩(2018年8月2日~8月8日)
・川上 洸(2018年8月23日~8月29日)

応募要項など、「プロキオン・フォース」の詳細はホームページからもご覧いただけます。

シリウス

2017年12月12日

12月16日(土)大学生フットサル大会「アイデムカップ2017」FINALを開催

最終決戦となるFINALは守口市から後援をいただき、開会式では守口市吹奏楽団による演奏もあります。解説には元フットサル日本代表 永井義文氏を迎え、中村義昭(DJ JUMBO)氏のMCと共に試合を盛り上げます。また、大学生によるチアパフォーマンスや、プロのチアリーダーによる本格的なチアダンス等で会場を熱気に包みます。更に、FINAL優勝チームとシュライカー大阪レジェンズからなるスペシャルチームによるエキシビションマッチも開催。栄冠を手に入れた学生にとって、夢の試合が実現します。

■アイデムカップ2017FINAL 大会概要
日 時 / 2017年12月16日(土)10:30~17:30
場 所 / 守口市民体育館 (大阪府守口市河原町9-2)
京阪本線「守口市駅」下車 徒歩3分

【スケジュール】
10:30~ 開会式 守口市吹奏楽団
11:20~ 始球式
11:30~ Kick off グループリーグ(全12試合)
15:00~ 追手門学院大学チア
15:20~ 3位決定戦 ・決勝戦
16:10~ アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ×西宮ブルーインズチア
16:30~ エキシビションマッチ
17:10~ 閉会式・表彰式

【チーム数】 8チーム
【後 援】公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、守口市
【運営・協力】株式会社ソル・メディア、スポーツマネジメント株式会社

アイデムカップ

2017年12月01日

第13回アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」の入賞者を発表

今年で13回目を迎える「アイデム写真コンテスト『はたらくすがた』」において、応募作品7,650点の中から受賞作品を決定いたしました。
今回の受賞作品は、11月16日(木)から29日(水)まで、当社ビル併設のアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて展示します(入場料無料)。

【グランプリ】
小学生の部  新藤 楓月さん(静岡県)
中学生の部  中嶋 未来さん(三重県)
高校生の部  古橋 梨充奈さん(愛知県)

【準グランプリ】
小学生の部  児野 佑季さん(和歌山県)
中学生の部  串間 彩菜さん(宮崎県)
高校生の部  中村 日和さん(鹿児島県)

◆特別賞
【富士フイルム特別賞】
原口 ひなたさん(福岡県)

【エプソン特別賞】
岩本 虎流さん(大阪府)

【高等学校文化連盟全国写真専門部賞】
岡田 あかりさん(和歌山県)

【アイデムGood Job賞】
関根 有理華さん(神奈川県)
髙岡 美希さん(熊本県)
宮前 壮志さん(群馬県)

◆団体奨励賞
小学校の部  平塚市立富士見小学校(神奈川県)
中学校の部  大阪市立大桐中学校(大阪府)
高校の部   愛知県立小牧南高等学校(愛知県)

その他、全入賞者は「アイデム写真コンテスト『はたらくすがた』」ホームページよりご覧ください。

はたらくすがた

2017年11月10日

昨今の労働市場を表す作品に贈られる「アイデム賞」を新設

第13回から新設となる「アイデム賞」は、地域に根差した求人情報を提供し、「仕事」や「働くこと」と密に関わってきた当社の社員が選ぶ賞です。
最近では、例えば女性やシニアの活躍など働き方に関するトピックがしばしば話題に上っています。アイデム賞はこのような、昨今の労働市場を表す作品に贈られます。

当コンテスト詳細はホームーページをご覧ください。

はたらくすがた

2017年07月14日

第44回・第45回 アイデムしごと探検隊 東京と大阪で開催~訪問先はJリーグ&関西テレビ放送~

8月9日(水)の大阪開催では関西テレビ放送を訪問し、番組制作の現場を見学しながらテレビ局での仕事について学びます。また、8月23日(水)の東京開催では、Jリーグを訪問し、Jリーグを支える仕事について学びます。子どもたち同士で協力し合いながら仕事に対する理解を深め、一日の最後に成果を発表します。

応募要項はアイデムしごと探検隊ホームぺージをご覧ください。

しごと探検隊

2017年06月30日

CSRへの取り組み