全てのCSR活動レポート(4ページ目)|求人広告のアイデム-AiDEM-

活動レポート
Activity report

20140327_aidem_090

第30回 Jリーグの仕事探検

東京都文京区のJリーグに20名の子どもたちが訪れました。元Jリーグ選手の北澤豪さんが、探検隊の隊長として子どもたちの仕事探検をナビゲート。ボールや用具に関する仕事やサッカー中継の仕事、そして応援グッズを作る仕事について学びました。子どもたちは年間に作るグッズの数に驚き、興味津々。北澤さんからサッカー選手という仕事のやりがいをお話し頂いた後、チェアマンルームへの訪問や、サッカーミュージアムの見学も行いました。

しごと探検隊

2014年03月27日

アイデムカップ

大学生向け「アイデムカップ2014 フットサル大会」を開催 全国規模へ拡大、年間を通じて各地域から勝ち上がっていく3段式の大会へ

アイデムカップ フットサル大会は、フットサルを通じた大学生同士の交流の場を創出することを目的に、2012年より開催。 2014年は、更に開催地域を全国規模に拡大し、地区予選から勝ち上がったチームが、セントラルと名づけた地域決勝大会(以下セントラル)を経て、12月に開催するFINALへと挑む3段式の大会へと変更いたします。

■アイデムカップ フットサル大会 http://www.a-stadium.com/aidemcup/
大会名 /  アイデムカップ2014 フットサル大会
開催場所/ 東北、関東、東海、関西、中四国、九州など全国各地で実施
大会方法/ 全国各地で開催する地区予選を勝ち抜いたチームが、セントラルへ出場できます。セントラル優勝チームは、各地区の代表としてFINALの出場権を獲得できます。

アイデムカップ

2014年02月21日

2013写真コンテスト

第9回 アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」入賞者発表 6,182点の作品から入賞者を決定 入選作品展も開催

全国の小学生・中学生・高校生の皆様から6,182点の作品をお寄せいただきました。ありがとうございます。審査の結果、下記の方々が入賞いたしました。

受賞作品は2013年11月21日(木)から東京都新宿区で、2014年1月21日からは愛知県名古屋市で展示いたしました。また、「勤労感謝の日」の2013年11月23日(土・祝)には、受賞者を招いて表彰式も執り行いました。

【グランプリ】
小学生の部 平出 菜々美さん(6年)
中学生の部 藤江 ゆうなさん (1年生)
高校生の部  宮川 茉奈美さん(2年生)

【準グランプリ】
小学生の部 佐藤 陽向さん(4年生)
中学生の部 佐俣 裕哉さん (2年生)
高校生の部 上田 優喜美さん(2年生)

【富士フイルム特別賞】 傳 晴人さん (小学1年生)

【エプソン特別賞】寺本 梨久さん (中学1年生)

【団体奨励賞】草加市立清門小学校・新富町立富田中学校・香川県立坂出高等学校

その他の受賞者はこちらをご覧ください。

写真コンテスト

2013年11月08日

20130808aidem_0053

第29回 ドミノ・ピザの仕事探検

千代田区岩本町にあるドミノ・ピザ本部に、21名の子どもたちが訪れました。 日本に初めてオープンした宅配ピザ店であるドミノ・ピザの歴史や、店舗スタッフを支える本部の仕事を学びました。その後本部から麻布十番店に移動し、 子どもたちは実際に店舗を見学。ピザ作り体験や、店舗での注文から出発まで の流れ、ドライバーの仕事などを学びました。

店舗での体験を終え、アイデムに戻った子どもたちは、それぞれが学んだことを話し合い、発表しました。

しごと探検隊

2013年08月08日

DPP_0128

第28回 求人広告の仕事探検(アイデム)

アイデム大阪支社に13名の子どもたちが訪れました。求人広告の役割や、でき上がるまでの流れを知り、社員から仕事の魅力について聞きました。求人広告の制作体験では、イラストやキャッチコピーを選んで自分だけの手書きの原稿を作りました。午後は「名刺交換」を体験してビジネスマナーを学び、続いて館内を見学。自分の原稿が実際に制作されている様子を見学しました。 そして、デザイナーによって制作を終えたオリジナルの求人広告が手渡されました。

しごと探検隊

2013年08月03日

Procyon_logo_RGB

39歳以下の若手写真家に作品発表の場を提供する新プロジェクト 「プロキオン・フォース」 第1回の出展者が決定。第2回応募受付開始。

アイデムフォトギャラリー「シリウス」では、若手写真家支援を目的としたプロジェクト「プロキオン・フォース」の第1回応募作品の中から、3名の出展者を選出しました。
出展者の作品は、2014年2月にアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて展示されます。
また、「プロキオン・フォース」第2回の応募受付を開始いたしました。応募受付は9月30日までで、審査を通過した写真家の方々には、2014年8月に6日間の写真展を開催する権利が付与されます。

【第1回 出展者について】
守屋 流誌亜さん / シーズン・ラオさん / 相川 梨恵さん

■プロキオン・フォースの概要はこちらから。
http://www.photo-sirius.net/procyonphos/procyonphos.html

シリウス

2013年06月12日

アイデムカップ

アイデムと日本ブラインドサッカー協会がパートナーシップを締結 ~アイデムカップでブラインドサッカー体験会を開催~

今回のパートナーシップ締結を通じ、「アイデムカップ フットサル大会」にてブラインドサッカー体験会を開催いたします。 学生が大会中にブラインドサッカーを体験することで、学生に必要なコミュニケーションやチームワークの気付きの場を提供するとともに、 障がい者スポーツを認知する機会をつくって参ります。

 

<日本ブラインドサッカー協会 概要>
(2010年8月1日より「日本視覚障がい者サッカー協会」から改称)
財)日本障がい者スポーツ協会(JPC)登録団体
協会ウェブサイト : http://www.b-soccer.jp

ブラインドサッカー

2013年04月25日

DPP_0030

第27回 セレッソ大阪クラブハウスの仕事探検

案内役は、現役時代に大活躍し、引退後もセレッソ大阪のアンバサダーを務める森島寛晃さん。最初に、練習場で小雨の中行われていた紅白戦を見学。その後クラブハウスに移動し、森島さんからプロサッカー選手の仕事で大切なことを教わりました。続いて、ユニフォームやスパイクなどを提供する仕事や、サプリメントなどを通じて体づくりを支援する仕事、セレッソ大阪のチーム強化にかかわるスカウトに関する話を伺いました。 最後は監督のサプライズ登場に、子どもたちは大興奮でした。

しごと探検隊

2013年03月28日

20130325aidem_115

第26回 Jリーグの仕事探検

今年のナビゲーター役はJリーグOB選手の福田正博さん。試合で良いプレーをするために「良い生活習慣を整えるのも、選手としてとても大切なこと」と教えてくれました。続いて、Jリーグに関わる様々な人から、Jリーグで使用するボールなどを作る仕事やそのこだわり、女性審判員の人からは常に心がけていることを、試合のデータを分析する仕事など、たくさんの話を伺いました。最後に、チェアマンルームやTシャツなどのオフィシャルグッズを扱うオフィス・フロアを見学しました。

しごと探検隊

2013年03月25日

Procyon_logo_RGB

アイデムフォトギャラリー「シリウス」 若手写真家を支援する新プロジェクト 「プロキオン・フォース」を開始 

アイデムフォトギャラリー「シリウス」では39歳以下の若手写真家に作品発表の場を提供する新プロジェクト「プロキオン・フォース」の応募受付を開始しました。
第1回目の締切は3月30日。応募受付・審査は半年毎に実施されます。

【「プロキオン・フォース」とは】
「プロキオン」は、ギャラリー名の由来ともなった「シリウス」と共に“冬の大三角形”を形作る こいぬ座の一等星。フォースはギリシャ語で「光・輝き」の意。若手写真家の方々に、「シリウス」と共に夜空に光り輝く新しい光になっていただきたいという思いが込められています。

【プロジェクト内容】
プロ・アマチュア問わず、様々な写真表現に挑戦されている方を広く募集します。
応募者の中からギャラリー運営委員にて審査を行い、表現力が豊かで写真技術に優れている方もしくはグループ数組を支援いたします。
応募受付は3月30日まで、審査を通過した写真家の方々には、2013年10月~2014年3月の間に6日間の写真展を開催する権利が付与されます。

シリウス

2013年01月30日

CSRへの取り組み