1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 最低賃金の基礎知識、都道府県別の最低賃金の推移
Re:Term

最低賃金の基礎知識、都道府県別の最低賃金の推移

人事・労務

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

サービスに関するお問い合わせはこちら

令和3年度の地域別最低賃金改定では、全国平均で28円の引き上げが行われることとなりました。
今回は、最低賃金の対象となる賃金種別や計算方法など最低賃金に関する基礎知識のほか、都道府県ごとの最低賃金答弁状況や直近10年の推移についてまとめました。

Index

  • 最低賃金の基礎知識
  • なぜ最低賃金は都道府県ごとに異なるのか?
  • 直近10年の都道府県別最低賃金の推移

最低賃金についてご不明な点はアイデム営業担当までお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせはこちら

最低賃金の基礎知識

最低賃金には、都道府県ごとに定められた「地域別最低賃金」と、特定の産業を対象に定められた「特定最低賃金」の2種類があります。
地域別最低賃金は、パートタイマー、アルバイト、臨時、嘱託など雇用形態や呼称に関係なく、セーフティネットとして各都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に適用されます。
特定最低賃金は、その名の通り特定の産業に設定されている最低賃金です。従来、特定最低賃金は地域別最低賃金より高い水準で設定されることが一般的でしたが、昨今の地域別最低賃金の急激な上昇に伴い、逆転しているケースも見受けられます。

最低賃金の対象となるのは、「毎月支払われる基本的な賃金」とされていますが、では次の中で、最低賃金に含まれるものはどれでしょうか?

  1. 残業代
  2. 賞与・ボーナス
  3. 通勤交通費
  4. 休日割増賃金
  5. 家族手当

実は、1~5はすべて最低賃金の対象とはなりません。
日給や月給制の場合は、対象賃金額を時間給に換算して、適用される最低賃金額と比較する必要があります。
最低賃金が上がるタイミングで、支払っている賃金が最低賃金を下回っていないかチェックが必要です。

例)月給制で働くAさんの場合

上記の場合、③④は最低賃金の対象とならないため、①②を合算した、160,000円が対象となります。
この160,000円を時間給に換算すると、
(160,000円×12か月)÷(250日×8時間)=960円 となります。居住地の地域別最低賃金が900円だった場合、最低賃金をクリアしていると判断できます。
月給制以外にも、日給制や出来高払制、あるいは複数の賃金形態の組み合わせなど、支払い形態に則したチェックが必要です。「最低賃金をクリアしているか不安」「計算方法が分からない」など、ご不明な点はアイデムの営業担当までお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせはこちら

なぜ最低賃金は都道府県ごとに異なるのか?

令和3年度の地域別最低賃金答弁結果によると、最も高いのは東京で1,041円でした。
次いで神奈川の1,040円、三番目は大阪の992円。
1,000円を超えているのは全国でも東京・神奈川の2都府県のみです。

令和3年度 地域別最低賃金改定状況はこちら

逆に最低賃金が低い県は、令和2年次では下記の7県がならんで792円でしたが、今回の答申で変動がありました。

7県のうち29~32円の大幅引き上げをした県が5県あり、28円の引き上げに留まった高知と沖縄の2県が820円となり、結果として全国で最も低い額となりました。

最低賃金が都道府県ごとに定められている理由は、「地域差」を反映させるためです。
地域別最低賃金は1.労働者の生活費 2.賃金 3.賃金支払い能力 を考慮して定める(最低賃金法9条2項)とされています。また労働者の生活費を考慮する際、生活基準を下回らないよう配慮する必要があります。
比較基準となるのは、有効求人倍率や失業率、消費者物価指数、労働者数など様々です。これら様々な種類・角度から算出された「地域差」が、最低賃金に反映されているのです。

令和3年の改定影響率と、直近10年の都道府県別最低賃金の推移

最低賃金の改定後に、改定後の最低賃金額を下回る労働者の割合を『改定影響率』と言います。2021年4月から7月の募集時時給データのうち、令和3年度の最低賃金改定額より低い割合を調べると、改定影響率が最も高くなったのは神奈川県(44.5%)、次いで千葉県(40.3%)、兵庫県(40.2%)という結果になりました。最低賃金額が神奈川と同水準である東京都の改定影響率は29.5%。神奈川県より東京都の方が、募集時の時給が高い求人が多いことが分かります。

「地域別最低賃金」改定によるパート・アルバイトの募集時時給への影響に関する調査を一部抜粋・編集

下表は、過去10年間の最低賃金上昇額をランキングにまとめたものです。

この表からは、「愛知・大阪・関東圏など大都市圏の最低賃金の上昇額が大きい」ということが分かります。
大都市圏は企業や人が集中するため、生活コストが上昇し、最低賃金にも影響があるのかもしれません。
時給は、応募効果を高めるためにも重要な要素となっており、「東京都中央区の医療事務の平均時給が知りたい」など、地域や業界ごとのトレンドを知りたいというご要望も多く寄せられています。
アイデムでは独自の賃金調査システムを用いて、平均時給だけでなく、最頻値(最も多く支払われている額)等のご案内も可能です。
最低賃金のチェックはもとより、求人に係るデータのご提供や応募効果の高い求人広告についても担当者がしっかりフォローいたしますので、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせはこちら

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 最低賃金の基礎知識、都道府県別の最低賃金の推移

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の方は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス