1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 求人広告を出したい!全8種の求人方法と採用しやすい求人方法とは

Re:Term

求人広告を出したい!全8種の求人方法と採用しやすい求人方法とは

求人広告を出したい!全8種の求人方法と採用しやすい求人方法とは

求人募集

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

求人広告を出したいけれど、種類が多くてどれを選べば良いのかわからない…そんな悩みにお答えすべく、代表的な8種の求人広告の出し方と、それぞれの特徴をご紹介します。本記事を参考に、自社の採用ニーズと相性の良い掲載方法を検討してみてはいかがでしょうか。

求人方法の種類とメリットデメリット

まずは代表的な8種の求人広告と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。採用計画や予算によって適性がそれぞれにあるので、企業の体制に合わせて吟味してください。

ハローワーク

言わずと知れたハローワークは、採用コストがかからないので採用に予算が取れない場合にもおすすめです。また、求人票を初めて出すという時には、まずハローワークに出向くことで様々な書面の手続きなどを教えてもらえます。

ただし、求職者に提供可能な情報量が限られているなどの制限もあります。以下、メリットとデメリットをまとめます。

メリット

採用コストが全くかからないという点が大きな特徴でしょう。予算が取れない場合にも、最初の一手として活用できる手段です。また、条件によっては助成金が出る場合もあるので事前に調べておくと良いでしょう。

デメリット

求職者に提供する求人情報の内容が限られているため、簡潔にまとめる必要があります。また、掲載や選考などの各工程での手続きに手間がかかるのもデメリットと言えます。

大学や専門学校

大学や専門学校の提示版、学内システムに求人情報を掲載する方法です。アナログな方法ですが、常に一定の効果が期待できます。大学毎に掲載条件が異なりますが、基本的には無料で掲載が可能です。ただし情報は大学内で完結するので、閲覧者の母数が少なくなってしまう点は考慮しておきましょう。

メリット

ハローワークと同じく、採用コストがかからないため予算が少ない時に重宝されます。また、採用前に大学を特定できるため、経歴を把握しやすいこともメリットです。社員の母校などであれば、掲載について融通が効く場合も考えられます。

デメリット

全ての学校に別々のアプローチが必要なため、情報を掲載する大学数に比例して手間が倍増してしまいます。採用担当者毎に担当の学校を定め、学校側の担当者とのコミュニケーションを密に取ることで、採用の確度をあげていく工夫が必要になるでしょう。

求人媒体―[1]Web媒体/求人サイト

インターネットで情報を集めることが主流となった現代では、若年層は特にインターネット求人サイトを使っています。大学や専門学校などでも求人サイトへの登録を必須で行わせるセミナーなどが頻繁に開かれていることも影響しています。また、最近では職業別などに細分化された専門求人サイトも数多く登場しています。

メリット

掲載媒体にもよりますが、載せられる情報量が多いのでより企業の個性を詳細に伝えることができます。また、スカウト機能など求職者にアプローチする機能が提供されていたりすることもメリットです。

デメリット

求人票の掲載には、少なからず予算が必要な場合がほとんどで、成果報酬のパターンもありますが、費用面の確認が必須です。掲載した情報が時間の経過や契約プランによって埋もれてしまう可能性もあるので、媒体の担当者との関係性作りなども重要になってきます。

求人媒体―[2]Web媒体/求人検索エンジン

インターネット上にある求人情報を集めているサイトのことです。求人検索エンジンには複数の媒体の情報がまとめられており一括検索ができるため、現在非常に利用率が高まっています。無料で掲載できるところも多いので一度使ってみることをおすすめします。

ただし、デザイン性が乏しかったり、掲載したい情報を満足に入れられない場合などがあります。そのため、採用活動を積極的に行いたい場合には他の方法との併用が有効です。

メリット

最初の段階では無料で掲載できるものが多いのが特徴です。利用者も多いので掲載しておけば求職者の目に触れる機会が増えるため、悩んでいるのであれば試しに登録をしておくと良いでしょう。

デメリット

膨大な求人情報をまとめているため、母数が多く埋もれる可能性があります。サイトのトップなど情報が目につきやすい位置に掲載する際には費用がかかる場合が多いので、契約の際によく確認しておきましょう。

以上2種類のインターネット求人を紹介しました。それぞれのメリットとデメリットを上手く活用してください。

求人媒体―[3]紙媒体

求人情報誌や、新聞の求人広告欄や折り込み求人紙を利用する方法もあります。地域密着の企業などで採用したいターゲットが明確な場合には、紙媒体の方が効果が出るケースも考えられます。また、インターネット求人と併用することで相乗効果を得ることもできます。

メリット

地域に根ざした企業が採用活動を行う場合、配布エリアや読者層でのターゲティングができるため相性が良い場合があります。また、紙の特性を活かし、求職者が手にとりやすいというメリットもあります。

デメリット

採用可否に関係なくデザインや印刷、配布には費用がかかります。また、求人票の情報量はネットに比べ少ないので、情報を端的に伝える必要があります。冊子などを制作すれば情報量が増やせますが、こちらも予算の検討が必要です。

人材紹介

いわゆる「転職エージェント」と呼ばれている人材紹介会社を利用する方法です。求める人材を伝えれば、条件に応じた求職者をエージェントから紹介してもらえます。
ただし様々な種類の人材紹介会社があるため、まず自社に最適なエージェントを見つけるまでが最初の課題と言えます。

メリット

採用し入社が確定するまではコストがかからない点が特徴です。また、専属のスタッフがサポートしてくれるので、採用にかかる手間が軽減されます。

デメリット

採用となった場合にかかるコストは他の方法と比較して高くなってしまいます。外部リソースに頼る部分が多いので、自社に蓄積される採用ノウハウも減ってしまいます。

人材派遣

人材派遣会社が雇用している派遣スタッフに、時給で働いてもらう方法です。一般的な派遣では派遣会社に人選を頼るため、自社で細かく面接等を行うことができません。主に一定期間欠員が出る場合などに有効です。

メリット

雇用が短期間でも可能なのが最大のメリットです。また、最低限の研修などを派遣会社が行なっているケースも多いので、教育コストや採用コストを削減することができます。

デメリット

自社の社員としては教育することはできないため、状況によってはノウハウが蓄積できないなどのデメリットが生まれます。

コーポレートサイト

意外と盲点になっているのが、自社の公式サイトです。志望順位の高い企業 へ応募する場合に、コーポレートサイトなどから問い合わせをする求職者も少なくありません。無意識に機会損失を防ぐためにも整備しておくことをおすすめします。特に採用の頻度が高い場合は活用しましょう。

メリット

自社の公式サイトを活用するため、維持費のみでの採用活動ができる場合がほとんどです。ここから求職者の獲得に成功すれば採用コストが抑えられる点が大きなメリットです。

デメリット

訴求内容や使用する写真、サイトデザインなどにこだわった採用ページを制作する場合は、初期費用が必要となります。また、継続的に使用する必要が出てくると更新作業などが必須になるので、専属の担当者を社内に用意するなどの人的リソースも必要となります。

採用活用を成功させるポイント

以上が代表的な求人方法となりますが、成功の秘訣はまず、求める人物像を明確にしておくことです。これは採用計画を立てる際に決めておきましょう。人物像が明確になっていないと採用活動そのものが失敗に終わってしまうことも考えられます。自社が必要としているのはどのようなスキル保有者で、どういった思考の人物が望ましいのかなどを再確認しましょう。

次に、募集先の選定を適切に行うことです。採用のための予算を効率的に使えるよう、常に募集先とその効果を分析し改善していくことが大切です。選ぶ採用活動方法によっては費用対効果が大きく変わることもあります。

そして最後に、伝えたいコンセプトやメッセージが求職者に伝わるよう、求人原稿の内容にも注力しましょう。自社の強み、求職者が企業に求める条件、掲載媒体の特色などを正確に理解して誤解を生まない求人原稿を作成することが重要です。

まとめ

採用計画によって、最適な求人方法は異なります。企業と求職者のマッチングはもちろんですが、その手前にある企業と採用方法のマッチングにも目を向けておくことが重要です。単一の方法のみで募集を行なっていては比較出来ないので、可能な限り2つ以上の媒体を使用して効果測定を行いましょう。特に長らく採用手法を変更してない場合、より費用対効果の高い採用手法が見つかる可能性があります。
求人方法のメリット・デメリットをよく把握した上で、自社に適した採用活動を行いましょう。


この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 求人広告を出したい!全8種の求人方法と採用しやすい求人方法とは

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の⽅は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス