子供のキャリア観に関する意識調査 親の働く姿を見たことがある子供、親への憧れや将来の夢を持ちやすい傾向に 9割以上の保護者が親の働く姿を子供へ見せることに肯定的

子供が親の「働く姿」に触れることと、子供のキャリア感醸成の関連性について明らかにすることを目的に、小学校5年生または6年生の子供を持つ男女1,308名を対象に調査を実施しました。

調査データ

調査結果

※本調査における「子供への調査」は、保護者による代理回答です。調査時に同席している子供に質問をし、回答を聞いて記入するよう保護者にお願いしています。

【子供への調査】働く親への憧れ
親の働いている姿を見たことがある子供、親への憧れも強くなる傾向

【子供への調査】将来の夢はあるか
親の働いている姿を見たことがある子供、将来の夢を抱きやすい傾向

【子供への調査】将来働くことは楽しみか
親の働いている姿を見たことがある子供、将来働くことを楽しみに感じている傾向

【保護者への調査】親の働く姿を子供に見せることの是非
「父親の働く姿を見せること」を肯定的に捉えている保護者は93.4%
「母親の働く姿を見せること」を肯定的に捉えている保護者は94.0%

 

調査概要

調査対象:小学校5年生または6年生の子供を持つ男女で、子供と一緒にアンケート回答が可能な者
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年6月14日~17日
有効回答:1,308名

調査結果の全文は人と仕事研究所のホームページでご覧いただけます

 

トピックス