【子供のキャリア観と親の働く姿に関する意識調査】子供へのキャリア教育のカギは、親が「仕事を充実させる」「働く姿を見せる」こと?子供の夢の有無や、働くことへの肯定感などで有意差が出る結果に

“身の回りで働く大人の姿”を応募テーマとする小学生・中学生・高校生対象の写真コンテスト「はたらくすがた」に関連して、小学校1年生から高校3年生の子供を持つ男女3,489名を対象に調査を実施しました。本調査は、子供が親の「働く姿」に触れることと、子供のキャリア感醸成の関連性について明らかにすることを目的としています。

調査データ

調査結果

【子供への調査】将来働くのは楽しみか
親の働いている姿を見たことがある、あるいは親の仕事の充実度が高い子供は将来働くことを楽しみに感じている傾向に

【子供への調査】将来の夢はあるか
親の働いている姿を見たことがある、あるいは親の仕事の充実度が高い子供は将来の夢を抱きやすい傾向に

子供への調査】将来なりたい職業 / 【大人への調査】子供に将来なってほしい職業
子供は「ケーキ屋・パティシエール」「サッカー選手」などが上位の一方、大人は「医者」や「公務員」など、より安定した高収入の職業を望む傾向に

【子供への調査】将来なりたい職業に就くための努力
親の仕事の充実度が高い子供、将来の夢に向けた工夫や努力をしやすい傾向に

調査概要

調査対象:小学校1年生から高校3年生の子供を持つ男女で、子供と一緒にアンケート回答が可能な者
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年6月14日~17日
有効回答:3,489名

詳細はこちらをご覧ください

トピックス