【中学生のキャリア観に関する意識調査】 家族揃っての食事回数が多い子供は、将来「働くこと」にポジティブな傾向に~ 家族との食事のコミュニケーションが、子供のキャリア観醸成のきっかけに ~

“身の回りで働く大人の姿”を応募テーマとする小学生・中学生・高校生対象の写真コンテスト「はたらくすがた」に関連して、中学1年生から中学3年生の子供を持つ男女827名を対象に調査を実施しました。

調査データ

調査結果 ※一部抜粋

【子供への調査】父親・母親との会話の満足度
家族揃っての食事回数が多いほど、親との会話の満足度が高い傾向

【子供への調査】働く父親・母親は楽しそうか
家族揃っての食事回数が多いほど、働く親を「楽しそう」とポジティブに捉える子供が増加傾向

【子供への調査】働く父親・母親への憧れ
家族揃っての食事回数が多いほど、親への憧れは高くなる

【子供への調査】将来働くことは楽しみか
家族揃っての食事回数が多いほど、将来「働くこと」に対してポジティブな傾向

調査概要

調査対象:中学1年生から3年生の子供を持つ男女で、子供と一緒にアンケート回答が可能な者
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年6月14日~17日
有効回答:827名

詳細はこちらをご覧ください

トピックス