【親の子供に対する就職期待とキャリア教育に関する調査】男子の親は理系志向、母親は安定志向~ 約80%の親が夏休みに、身の回りの大人の働く姿にふれさせたいと回答 ~

小学生・中学生・高校生対象の写真コンテスト「はたらくすがた」に関連して、小学校1年生から中学3年生の子供を持つ男女3,600名を対象に調査を実施しました。本調査は、親がわが子の将来や就職に対してどのような期待や考えを持っているのか、また、子供が将来より充実して働くために必要な、キャリア教育や夏休みの宿題について明らかにすることを目的としています。

調査データ

調査結果 ※一部抜粋

【子供の進路選択や働き方に対する考え】 理系か文系か
70.0%の親が理系に進んでほしいと回答(どちらかと言えば含む)、男子の親は理系進路をより強く望む傾向

【子供の進路選択や働き方に対する考え】 やりたい仕事か安定した仕事か
61.2%の親が安定した仕事に就いてほしいと回答(どちらかと言えば含む)、母親の約70%は子供の進路に安定を求める傾向

【子供の将来に関して不安なこと】
キャリア教育が必要だと考えている親ほど、子供の将来を不安に思う傾向っている親ほど、キャリア教育が必要だと考える傾向に

【家庭で行っているキャリア教育】
キャリア教育として意識して行っていることは「ない」家庭が90.1%

【子供が将来より充実して働くために夏休みに何か経験させたほうが良いと思うか】
子供に夏休みを利用して何か経験させたいという理想はあるものの、現実実際には実現できておらず、理想と現実には53.5ポイントの乖離がある

【「身の回りの大人の働く姿にふれるような課題」への参加意向】
約80%の親が夏休みに、身の回りの大人の働く姿にふれさせたいと回答

調査概要

調査対象:小学校1年生から中学校3年生の子供を持つ男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年5月14日~17日
有効回答:3,600名

 

調査結果全文はこちらをご覧ください

 

 

 

詳細はこちらをご覧ください

トピックス