2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【6月1日時点の状況】内定獲得が全体の31.3%に達し、うち3割が第一志望の企業   ~ 入社意思の確認手段は「書類提出」が59.3% ~

人と仕事研究所では、2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女623名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果  ※一部抜粋

就職活動の進捗状況
【主な活動】 「面接・試験段階」50.6% 「内定獲得/就活継続段階」21.0%
【最も進みが早い企業の状況】「面接・試験段階」77.3% 「エントリー活動段階」14.2%

内定獲得状況
【獲得率】 「内定あり」の学生は31.1%、先月から14.7ポイント上昇
【企業の規模】 「1,000人以上」37.1% 「299人以下」35.1% 「300人~999人」27.8%
【志望度】 「第一志望」29.9% 「第四志望以下」28.4%

入社の意思確認
【確認方法】「内定承諾書等の書類提出」59.3% 「口頭(電話やメール)」29.4% 「確認なし」11.3%
【回答期限】「6月」25.8% 「5月」20.6% 「8月」17.5% 「7月」13.4%

 「おわハラ」経験の有無
「内定あり」の学生では、8.2%が「ある」と回答

調査概要

調査対象:2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年6月1日~3日
有効回答:623名

調査結果の全文は「アイデム人と仕事研究所」のHPにて公開しています

トピックス