2016年3月新卒採用に関する企業調査 【6月状況】内定承諾書・誓約書の提出を「求めている」企業が62.9%~応募者に「クールビズでの来社OKを周知している」企業が48.9%~

人と仕事研究所では、2016年度の新卒採用を行う企業の新卒採用業務担当者1,000名を対象に調査を実施し、この度、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果 ※一部抜粋

≪2016年度新卒採用活動の状況≫
・6月の時点で「現在行っている」55.0% 「まだ何も行っていない」26.2% 「既に終了している」18.8%
・業種別では金融業(36.4%)、不動産業(31.6%)、通信業(25.0%)の順で「既に終了している」と回答した企業が多い

≪内定承諾書等の提出≫
・内定承諾書・誓約書の提出を「求めている」62.9%で、74.0%が1ヵ月以内の提出を求めている

≪インターンシップ実施企業の選考・内定状況≫
・「選考の一環」と捉える企業が最も多く、42.5%
・インターンシップを実施した企業の9割近くで、採用選考へ進んでいる学生がいる

≪クールビズの実施状況≫
・“クールビズでの来社OK”を「周知している」48.9%
・“クールビズでの来社OK”を「周知していない」が、応募者がクールビズで来社した場合に持つ印象は、
「できれば、ジャケットやネクタイ着用で来社してほしい」50.1% 「全く問題ない」49.9%

調査概要

調査対象:2016年度の新卒採用を行う企業の新卒採用業務担当者
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年6月13日~15日
有効回答:1,000名
調査結果の全文は「アイデム人と仕事研究所」のホームページにて公開しています。

トピックス