2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【10月1日時点の状況】82.6%の学生が内定獲得~ 昨年同時期を6.3ポイント上回る ~

人と仕事研究所では、2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女651名を対象に調査を実施し、この度その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果 ※一部抜粋

就職活動の進捗状況
「1社以上の内定を獲得し、就活を終了した段階」71.4%
一方、内定を獲得しながらも「就活継続」は昨年同時期の倍以上となる10.9%
学生が企業選択にかけられる期間の短期化により、納得がいくまで続ける学生増加の可能性あり

内定獲得状況
10月1日時点で「内定あり」の学生は82.6%
学生1人当たりの内定獲得社数は平均で2.3社
昨年10月1日時点の平均2.0社を上回る結果

≪企業規模に対する志向≫
大企業志向52.0%、中小企業志向26.9%
昨年同時期(2014年10月1日)の大企業志向45.1%に比べ、今年は大企業志向の学生が増加

 

調査概要

調査対象:2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年10月1日~5日
有効回答:651名

調査結果の全文は「アイデム人と仕事研究所」のホームページにて公開しています。

トピックス