2016年3月新卒採用に関する企業調査 【10月1日状況】広報・選考活動の解禁日、いずれも「一律に定めないほうがよい」が4割~ 企業の57.9%が「経団連の採用選考に関する指針を順守した」と回答 ~

人と仕事研究所では、2016年度の新卒採用を行う企業の新卒採用業務担当者1,000名を対象に調査を実施し、この度その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果※一部抜粋

≪2016年度新卒採用活動の進捗≫
【現在の状況】「現在行なっている」46.8% 「既に終了している」27.6% 「まだ何も行なっていない」25.6%
【終了予定時期】「2015年12月末頃まで」23.6% 「2016年3月末頃まで」28.7% (※)
※「現在行なっている」、「まだ何も行なっていない」と回答している企業中

≪採用選考に関する指針の順守状況≫
【2016年度】「守った」57.9%
【2017年度】「守る予定」58.1%
2016年度に守った企業は、2017年度も守る予定と回答する傾向が強い

≪適切だと思う「広報活動」「選考活動」の解禁日≫
【広報活動】「一律に定めないほうがよい」38.5% 「10月」18.4% 「12月」17.9% (回答多数順)
【選考活動】「一律に定めないほうがよい」41.2% 「4月」27.7% 「8月」18.3% (回答多数順)

調査概要

調査対象:2016年度の新卒採用を行なう企業の新卒採用業務担当者
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年10月1日~5日
有効回答:1,000名

調査結果の全文は「アイデム人と仕事研究所」のホームページにて公開しています。

トピックス