2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査 【2月1日時点の状況】3月1日解禁前、約4割の学生が応募・選考に突入~ 学生が企業選定時に重視する項目ランキング 第1位は「会社・社員の雰囲気」 ~

人と仕事研究所では、2017年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女646名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

 

調査データ

調査結果 ※一部抜粋

≪就職活動の進捗状況 ≫
【主な活動】
「準備活動段階」63.6% 「エントリー活動段階」20.0%
【最も進みが早い企業の状況】
「エントリー活動段階」22.7% 「面接・試験段階」16.4%

全体のうち約4割の学生が既に企業と接触している(昨年と同ペース)

【エントリーシート・履歴書提出企業数】
「0社」30.1% 「1社」26.0% 「2社」15.4% 「3~4社」14.2%
【面接選考企業数】
「0社」27.4% 「1社」23.9% 「2社」23.9%

≪企業選定の際に重視するもの≫
第1位「会社・社員の雰囲気」83.5% 第2位「事業内容」82.1% 第3位「職種」80.9%

調査概要

調査対象:2017年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年2月1日~4日
有効回答:646名

調査結果の全文はアイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス