大学のキャリア支援・就職支援に関する実態調査  選考につながるインターンシップ 「反対派」52.4%、「賛成派」44.6%~キャリア支援・就職支援の課題「学生の業界・企業理解の向上」75.0%~  

人と仕事研究所では、全国の大学824校・キャンパスを対象に、キャリア支援・就職支援に関する実態調査を実施し、調査結果をまとめました(有効回答244校・キャンパス)。

調査データ

調査結果

≪キャリア支援・就職支援の課題≫
1位「学生の業界・企業理解の向上」75.0%
2位「学生の就職活動に対する意識の向上」74.6%
3位「学生のガイダンス・セミナーへの参加率向上」72.1%

≪現状のインターンシップに対する考え≫
選考につながるインターンシップへの賛否
「反対派」52.4% 「賛成派」44.6%

≪求人企業への要望≫
1位「“オワハラ”や“拘束”をしないでほしい」77.0%
2位「選考結果は早めに伝えてほしい」71.3%
3位「求人内容を“正確に”教えてほしい」70.1%

調査概要

調査対象:全国の大学のキャリア支援・就職支援部門
調査方法:郵送、インターネット調査
調査期間:2016年10月17日~12月2日
有効回答:244校・キャンパス
調査結果の全文はアイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス