2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【2月1日時点の状況】働く上で大切にしたいもの 第1位「働きやすさ」 年々増加傾向に。女性活躍や若者雇用促進に向けた公的サイトの存在を知らない学生が80%以上

人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女660名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果  ※一部抜粋

≪就職活動の進捗状況≫
【主な活動】
「準備活動段階」62.3% 「エントリー活動段階」19.5%
【各活動ステータスに到達した学生の割合】
「準備活動段階」93.0% 「エントリー活動段階」43.3%

≪働く上で大切にしたいもの≫
1位「働きやすさ」 2位「仕事の内容」 3位「給与の高さ」
「働きやすさ」は年々増加傾向

≪働きやすさのイメージ≫
1位「社内の人間関係・風通しが良いこと」 2位「年間休日数が多いこと」 3位「残業時間が少ないこと」
男女差があり、男性では「明確な評価基準」など、女性では「育児・介護支援制度の充実」などが有意

≪公的サイトの認知度≫
「女性の活躍推進企業データベース」「POSITIVE ACTION」「若者雇用促進総合サイト」
いずれも「サイトの存在も知らず、閲覧したこともない」学生が80%以上

調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学3年生・大学院1年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年2月1日~6日
有効回答:660名

 

調査結果の全文は、アイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス