2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【4月1日時点の状況】面接段階・内定段階ともに4ポイント近く昨年を上回る早い進捗。さらに強まる学生売り手市場 内定辞退どころか“面接後の選考辞退”も増加 辞退経験ある学生は28.2%

人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女628名を対象に調査を実施し、その調査結果をまとめました。

調査データ

調査結果  ※一部抜粋

就職活動の進捗状況
【主な活動】
「準備活動段階」7.6% 「エントリー活動段階」42.8%
「面接・試験段階」34.9% 「内定獲得/就活継続段階」8.1%

【各活動ステータスに到達した学生の割合】
「準備活動段階」95.5% (前年比+0.6ポイント)
「エントリー活動段階」89.3% (前年比+1.2ポイント)
「面接・試験段階」65.9% (前年比+4.4ポイント)
「内定獲得段階」12.1% (前年比+4.0ポイント)

≪面接選考企業数≫
1位「3~4社」23.9% 2位「5~9社」23.7%
平均3.6社 (前回+1.1社 前年+0.1社)

≪面接選考受験後の選考辞退≫
「ある」28.2% (前年比+1.6ポイント)
理由は「もともと志望度があまり高くなかったから」「自分が思っていた仕事とは違いそうだったから」が上位

調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年4月1日~6日
有効回答:628名

 

 
調査結果の全文は、アイデム人と仕事研究所のホームページにて公開しています。

トピックス