第13回アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」 小中高生から“大人が働く姿”を捉えた写真作品を募集

小学生・中学生・高校生を対象とした写真コンテスト「はたらくすがた」の作品募集を開始

CSR

写真コンテスト「はたらくすがた」は子どもたちが働くことについて考える機会づくりを目的としています。当社では、当コンテストを社会文化活動の一環として2005年から実施しており、求人広告や人材紹介の事業を展開する企業として、働くことの素晴らしさ、大切さを次の世代を担う子供たちに伝えるため、この取り組みを進めています。昨年は全国から8,210点の作品が集まりました。

第13回 アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」 概要

◆写真のテーマ:身の回りで働く大人の姿(被写体となる方の撮影許可が必要です)
◆応募資格   :小学生・中学生・高校生(3部門制)
◆応募締め切り:2017年9月11日(月)消印有効
◆選考委員    :委員長 田沼武能 氏(写真家)、 委員 わだことみ 氏(絵本・構成作家)
◆入賞発表  :2017年11月中旬
◆表彰式:2017年11月23日(木・祝) アイデム本社ビル(予定)
◆協賛:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社・エプソン販売株式会社
後援:朝日小学生新聞・朝日中高生新聞・高等学校文化連盟全国写真専門部応募要項

 
詳細はアイデム写真コンテスト「はたらくすがた」ホームページよりご確認ください。

トピックス