アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」が「第11回キッズデザイン賞」を受賞

小学生・中学生・高校生を対象とした写真コンテスト「はたらくすがた」は、特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会が主催する「第11回キッズデザイン賞」を受賞いたしました。

CSR

アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」について

小学生から高校生までの子どもたちに、身近な大人が働いている姿を捉えた写真作品を撮影、応募してもらうことを通じ、働くことについて考える機会づくりを目的とするコンテストです。当社ではコンテストを社会文化活動の一環として2005年から実施しており、今年で第13回目の開催を迎えます。入選作品は、東京・名古屋・大阪にて写真展を開催します。当社は今回の受賞を通じ、写真コンテスト「はたらくすがた」の認知向上を目指すと共に、今後も子どもたちの未来を拓く取組を実施して参ります。

アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」入選作品はホームページよりご覧いただけます。

<キッズデザイン賞とは>

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能です。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

 

トピックス