社員インタビュー

JOBRASS & Smart Div.
尾上 以沙菜2017年入社

Q1
現在のお仕事を教えてください。
エージェントとして、新卒採用活動を行う企業と就職活動をしている学生の支援をしています。
企業に対しては取材を行ったり、イベント等のご提案をしたり、マッチする学生に出会えるお手伝いをしています。学生とは面談を通して就職活動の相談に乗ったりアドバイスをしたり、一人ひとりに合った企業を紹介しています。
Q2
入社からの簡単な経歴と、振り返ってみての感想を教えてください。
入社後、6月の中旬までは、同期全員で本社での研修を受けました。座学の他にグループワークや営業同行など実践的なものもあります。
配属後、教育担当の先輩に指導いただきました。教育担当をはじめとする部署の先輩や上司の皆さんには、営業活動や社内業務だけでなく、苦手なパソコン操作や地図の読み方も助けていただき、申し訳ない気持ちにもなりましたが、とてもありがたかったです。おかげ様で9月からは1人で営業に行くようになりました。学生面談は12月から始まったばかりなので、学生にとって頼りになるエージェントになれるように、まだまだ勉強中です。
Q3
社内の人やお客様に言われた、印象に残っている一言を教えてください。
「尾上さんが貢献できるようになるのは2年後でいいから、とにかく元気でいてね」と先輩に言われた事がありました。
部署内で目まぐるしい変化があった時期で、先輩が私を気遣ってくださったのかと思います。でも、そう言われたおかげでかえって「頑張らないとな」と思いました。
Q4
どんな学生生活を送っていましたか?
一番楽しかったのは、落語研究会での活動でした。学祭や、営業先の中学校やショッピングモールの屋上で漫才や落語をしたり、2~3ヶ月かけて準備する集団コントをしていました。
他にも軽音サークルでの活動や、小説を書くゼミで物語を書いて発表したり、たこ焼き屋さんでアルバイトしたりしていました。国語の教員免許を取得したので、母校の高校に3週間教育実習にも行きました。毎日予定があり、充実した日々を過ごせていたと思います。
Q5
学生時代、どんな社会人になりたかったですか?
私は頭も悪いしコミュニケーション能力にも自信がないしこれといって秀でた事もないので、「どんな社会人にになりたいか」以前に、「社会人になって大丈夫?」と感じていました。
ですので無事に社会人になれて、入りたい会社で興味ある仕事ができていて良かったです。
Q6
アイデムに入社を決めたきっかけを教えてください。
合同説明会に参加する中で「私のように就活に困った学生を助けている会社もあるんだな」と気づいた事が、アイデムに興味を持ったきっかけです。
新卒事業の他にも、地域密着で雇用をサポートする採用プレゼンターや、子供に働く素晴らしさを伝えるCSR活動、面白コンテンツのジモコロなど、関わってみたい仕事がたくさんありました。どんな配属になっても興味がある仕事に携われると感じて入社を決めました。
Q7
今後の目標を教えてください。
部署全体をもっと盛り上げたいと思います。
アイデムは48年目を迎える会社ですが、私がいる部署は立ち上がってからまだ5年程度です。社内ベンチャーと言われる事もあり、私が配属された約半年の中でも目まぐるしくさまざまな事が変化してきました。学生と近い今の立場だからこそ見えるものもあるはずなので、新人だからといって消極的になってしまう事がないようにしたいと思います。
Q8
仕事が終わった後の過ごし方を教えてください。
1人でカラオケに行ったり散歩したり、同期とご飯を食べて帰ったりします。
新宿にはお笑いの劇場がたくさんあるので、早めに仕事を終わらせてお笑いライブを観に行くこともあります。

オフの過ごしかた

Q9
お休みの日は何をして過ごしていますか?

大学の友人や後輩と遊んだりと、どこかに出かけている事が多いです。お笑いも少し続けていて、仕事終わりに福井県へ直行して落語の大会に出たり、社会人お笑いライブで漫才をした事もあります。
旅行も好きなので休日を利用して福岡、大阪、ハウステンボス、富士山などに行きました。
Q10
最近はまっているものを教えてください。
アイドルにハマっています。
ファンクラブにも入っていてライブや握手会に行きました。今度はチェキも撮りたいです。

その他のインタビュー