アイデムの仕事を知る

Web制作のしごと

Webサイトができるまで

アイデムでのWeb制作の仕事は幅広く、ディレクター、デザイナー、コーダー、エンジニア、ライター、デバッガー、マーケター、アナリストなど、専門性の高い仕事をしているメンバーが多数在籍しています。求人サイト「イーアイデム」に掲載するコンテンツの制作や、お客様企業の採用サイトの制作、時には企業のホームページを丸ごと制作することも。さまざまな部署と関わりながらひとつのサイトができるまでを見てみましょう。

営業からご提案の相談

営業からご提案の相談

お客様企業に最適な求人ホームページや求人広告を提案したい、と営業から相談を受けるところから仕事がスタートします。
いただいた要望に応えるため、デザイナーやコーダーとの協力が不可欠なことはもちろんですが、新規にシステムの開発が必要な場合は社内の開発エンジニアに協力を仰ぐこともあります。

提案資料作成のサポート

提案資料作成のサポート

お客様に提出する提案資料にデザイン案を掲載するため、さっそくデザインに着手します。
ページに必要な要素や、サイト全体の構成はディレクターが中心となって決定していきます。
その他、応募促進のために広告展開が必要な案件の場合はマーケターに相談し、広告プラン提案のお手伝いをお願いするケースなどもあります。

提案内容をお客様にご説明

提案内容をお客様にご説明

営業、ディレクターとともにお客様の会社に訪問し、ご提案の内容を対面で説明します。
無事に契約をいただけたら、本格的な制作が始まります!

取材・撮影

取材・撮影

撮影に同行し、デザイナーとしての観点から、押さえておきたいカットやアングルをディレクションします。また、求人に精通したライターがインタビューを行い、記事を執筆していきます。

制作・納品

制作・納品

デザインが決定したら、それをWebサイトとして組み立てるコーディング作業に着手します。
コーディング完了後は、ミスや不具合がないか、デバッガーが細かなところまでチェックを行います。
制作したものを営業やお客様と何度もやり取りし、確認と修正を繰り返し、やっと世の中に送り出すことができるのです。
そして、リリース後はアナリストチームがアクセス状況を細かく確認し、必要であれば改善を検討します。完成したところで「ゴール!」とはならないのが、Webの面白いところなのです。

他のお仕事について知る