“特定技能”
外国人材のご紹介

「元技能実習生を採用したい」
「留学生外国人を採用したい」
こんな考えをお持ちではないですか?

ベトナムミャンマーネパール

ベトナム・ミャンマー・ネパールの
人材採用なら登録支援機関のアイデム登録支援機関登録番号:19登-000325

内定実績
209

入社実績
80

(2020年8月末現在)

特定技能外国人の採用方法

採用方法は大きく4パターンです。アイデムでは国内・海外どちらからの人材集客も可能です。
お客様の業種などにより最適な方法をご提案いたします。

  • 国内
    元技能実習生を採用
  • 国内
    技能試験合格者を採用
  • 海外
    元技能実習生を採用
  • 海外
    技能試験合格者を採用

特定技能外国人受け入れ支援実績

登録支援機関として受け入れ支援を行った事例の一部をご紹介します。

  • 飲食料品製造業飲食料品製造業
  • 素形材産業素形材産業
  • 介護業介護業
  • 農業農業
  • 外食業外食業
  • 宿泊業宿泊業
  • 建設業
  • ビルクリーニング業

採用支援のみならず、自社の技能実習生を特定技能に切り替える支援も行っております。

特定技能外国人受け入れの流れ

アイデムではそれぞれのステップにおいてサポートできます。

特定技能外国人受け入れの流れの図
  1. 求人票の作成
    外国人材から聞かれる生の声を基に、給与や諸条件など魅力的な求人票の作成をサポートいたします。
  2. 面接・採用
    国内外を問わず、外国人材の集客から採用面接時の通訳、懸念点の確認、志望度の醸成までサポートいたします。
  3. 支援計画の策定・在留資格申請
    特定技能として外国人材を受け入れるには数十を超える提出書類が必要になります。
    提携する行政書士とともに申請書類の作成・取次ぎまでサポートいたします。
  4. 支援の実施
    特定技能外国人材の受け入れが決まった後には下記にある支援10項目を行う必要があります。
    弊社の外国人専任スタッフが母国語でもサポートいたします。
  5. 四半期ごとの届出
    支援実施状況等の各種届出書類の作成・提出までサポートいたします。

アイデムのサービス

アイデムは、登録支援機関として外国人材のご紹介支援計画の策定在留資格の申請
受け入れに係る支援
までワンストップで実施いたします。

  • 外国人材のご紹介

    ベトナム・ミャンマー・ネパールを中心に現地の送り出し機関とも連携し、3年以上を修了した元技能実習生をご紹介します。
    日本での生活経験があり、N3程度の日本語能力を有しているため、即戦力としてご活躍していただけます。弊社では海外からの人材採用にも豊富なノウハウがあります。

    ベトナム・ミャンマー・ネパールの留学生を中心に国内外の技能試験の合格者、あるいはその受験(予定を含む)した方をご紹介します。

    写真

    弊社が独自に集客した外国人材は
    延べ約10,000名以上

    留学生から技能実習修了予定者まで、採用計画に応じて国内の求める人材にリーチすることもできます。

    写真
  • 支援計画の策定・在留資格の申請

    提携する行政書士とともに書類提出が必要な「支援計画の策定」から「在留資格の申請」まで行います。

  • 受け入れに係る支援

    支援の実施は登録支援機関のアイデムにお任せください。

    • <入社前の支援>

      ①事前ガイダンス

      ②出入国する際の送迎

      ③住居確保・
      生活に必要な契約支援

      ④生活オリエンテーション

      ⑤公的手続き等への同行

    • <入社後の支援>

      ⑥日本語学習の
      機会の提供

      ⑦相談・苦情への対応

      ⑧日本人との交流促進

      ⑨転職支援
      (人員整理等の場合)

      ⑩定期的な面談・行政機関への通報

  • 入社後のサポート

    専任の外国人スタッフを配置し、充実した母国語でのサポートが可能です。(ベトナム語・ミャンマー語・ネパール語・英語)

まずはこんなご相談からお気軽にお問い合わせください!

特定技能とは

2019年4月に創設された在留資格「特定技能」により、人手不足が深刻な14業種で外国人雇用が新たに認められるようになりました。

対象14業種

飲食料品製造業、外食業、宿泊業、ビルクリーニング業、介護業、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、*建設業、*造船・舶用工業、自動車整備業、航空業、農業、漁業

特定技能の資格を取得する流れ

一定水準の日本語能力(N4以上)を持つ外国人材が、分野ごとに行われる技能試験に合格する必要があります。
ただし、3年以上を修了した元技能実習生はそれらが免除されます。

特定技能の資格を取得する流れの図
特定技能の資格を取得する流れの図

特定技能の資格を取得する流れ

特定技能は外国人本人との直接雇用が原則となります。
そのため、特定技能所属機関(貴社)は自社で特定技能外国人への支援計画の策定、およびその実施をする必要があります。
また、その業務は任意で登録支援機関へ委託することも可能です。

よくあるご質問

Q1

技能実習制度とはどのように違うのですか?

A1

まず在留資格の目的が異なります。技能実習制度では「国際協力」が主たる目的でしたが、特定技能では「就労」が目的になります。
また、送り出し機関や監理組合などを通さずに自社雇用となるため、コスト減にも繋がります。
受け入れ人数に上限がない(介護・建設分野を除く)点も大きな差です。

外国人技能実習生の受け入れをご検討の企業様には弊社推奨の監理組合(亜細亜ビジネスネットワーク協同組合)をご紹介いたします。

Q2

技能実習計画の途中でも特定技能に切り替えることはできますか?

A2

それはできません。3年以上の技能実習を修了してからの切り替えとなります。

Q3

特定技能外国人は週に何時間まで働けますか?

A3

日本人と同様に法定労働時間の週40時間まで働くことができます。

Q4

留学生を特定技能として採用することはできますか?

A4

一定水準(N4以上)の日本語能力があり、技能試験に合格すれば採用が可能です。

Q5

日本語学校生や専門学校生など大卒でなくても採用はできますか?

A5

はい、特定技能には学歴要件がありませんので採用できます。

Q6

採用人数に制限はありますか?

A6

1社あたりの上限は決まっていません。ただし、分野ごとに向こう5年間の受け入れ上限が決まっています。
外食:5万3,000人、宿泊:2万2,000人、介護:6万人、ビルクリーニング:3万7,000人、飲食料品製造業:3万4,000人、素形材産業:2万1,500人、産業機械製造業:5,250人、電気・電子情報関連産業:4,700人、建設:4万人、造船・舶用工業:1万3,000人、自動車整備:7,000人、航空:2,200人、農業:3万6,500人、漁業:9,000人

Q7

社会保険への加入は必要ですか?

A7

はい、社会保険関係法令や労働関係法令の遵守義務があります。

採用プランについてのご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。

株式会社アイデム/グローバル人材紹介チーム

東日本 03-6856-2002西日本 06-7664-5211
お問い合わせフォーム