アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」応募要項

テーマ

「はたらくすがた」

あなたの身のまわりで働く大人の姿を
撮影してください。

応募資格

小学生・中学生・高校生

(学校やクラス単位での応募も大歓迎です)

応募方法

個人・団体共にWeb応募フォームまたは専用応募用紙でご応募ください。
お一人5点まで応募できます。
複数年ご応募いただいている団体応募の学校の中から各部門1校ずつに「団体奨励賞」が贈られます。

Webからのご応募

以下の応募フォームより、写真をアップロード、必要事項を入力の上ご応募ください。

専用応募用紙でのご応募

L版(89mm×127mm)にプリントし、専用応募用紙に貼り付け、必要事項を記入の上ご応募ください。

応募要項・専用応募用紙
ダウンロード
応募宛先 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-4-10
アイデム本社ビル9F
アイデム写真コンテスト事務局

応募に際しての注意事項

  • 1年以内に応募者が撮影した未発表の写真(入賞時に印刷物、Webで掲載をしていないもの)
  • 必ず写る方に撮影と応募の許可をいただいてください。
  • 応募作品は返却いたしません。
  • 入賞候補者には原版をご提出いただきます。
    デジタルデータ・フイルムは入賞発表時まで必ず保管してください。

※入賞作品の著作権は撮影した方に帰属します。ただし、受賞後5年間は主催者(株式会社アイデム)がアイデム写真コンテストの広告及び広報物に優先して使用します。また、その後も主催者のPR活動やアーカイブ写真展等に使用させていただくことがあります。

個人情報の取扱いについて

  • 個人情報保護管理者 株式会社アイデム コーポレート機構統括部 次長
  • 氏名、住所、その他の個人情報は、株式会社アイデムにおいてアイデム写真コンテストの目的(コンテストに関する資料・参加賞等の発送、入賞者発表、表彰歴の管理等等)以外には使用しません。
  • 上記業務の内、個人情報の入力や参加賞発送業務の一部を業者に委託して行うことがあります。
  • 個人情報の記入は任意ですが、ご記入いただけない場合は参加賞の発送や入賞等できない場合がございますのでご了承ください。
  • 個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、消去及び第三者への提供の停止等のご依頼があった場合、遅滞なく対応いたします。

これらの要請や苦情相談、その他のお問い合わせは下記までお願いいたします。

株式会社アイデム 
コーポレート機構統括部 
TEL 03-5269-8718

選考日程

<2022年>
9月9日(金) 締切(当日消印有効)
10月上旬 最終選考-入賞候補者へ連絡/元データ提出のお願い
11月中旬 入賞発表-朝日小学生新聞、朝日中高生新聞、アイデムホームページ上にて
11月26日(土) 表彰式(予定)会場:東京都内ホテル
11月下旬 参加賞発送
12月上旬 賞状・副賞発送

※スケジュール・イベントはやむを得ず中止・変更する場合があります。

※グランプリ・準グランプリ・富士フイルム特別賞・キヤノン特別賞・高等学校文化連盟全国写真専門部賞の受賞者と先生または保護者1名を表彰式にご招待します。

選考委員(敬称略)

榎並 悦子

榎並 悦子(写真家)

京都府京都市生まれ。岩宮武二写真事務所を経てフリーランスに。アメリカに暮らす小人症の人々を取材した写真集「Little People」で第37回講談社出版文化賞写真賞受賞。
主な作品、著作に高齢化率日本一の町を取材した「日本一の長寿郷」、「明日へ。東日本大震災からの3年−2011-2014-」、「パリの宝石箱 Bijoux de Paris」、「榎並悦子のマルテク式極上フォトレッスン」、「園長先生は108歳!」「光の記憶 見なくて見えるもの―視覚障害を生きる」などがある。
(公社)日本写真家協会会員。(一社)日本写真著作権協会理事
http://www.e-enami.com/

清水 哲朗

清水 哲朗(写真家)

1975年横浜市生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、写真家・竹内敏信の助手を務め、23歳でフリーランスに。
独自の視点で国内外、自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。個展開催多数。
第1回名取洋之助写真賞、2014日本写真協会賞新人賞、2016さがみはら写真新人奨励賞。公益社団法人日本写真家協会会員
日本大学藝術学部写真学科非常勤講師
https://tokyokarasu.com/

五味 ヒロミ

五味 ヒロミ(絵本文章作家)

公立の幼稚園教諭として勤務したのち、現在は小児病院の病棟保育士として日々多くの子ども達とかかわっている。入院中の子ども達の笑顔や3人の子育て経験から、おはなしのタネを拾っている。
文章を書いた作品に『ピンポ~ン!つぎとまります』交通新聞社『おとどけもの』潮出版『めんめんレース』ほるぷ出版『ぱんぱんでんしゃ』フレーベル館『こんやはてまきずし』岩崎書店など多数。
愛知県出身、埼玉県在住。
https://peraichi.com/landing_pages/view/hiromigomi/

清田 哲

清田 哲
(朝日小学生新聞・朝日中高生新聞 編集部長)

朝日小学生新聞・朝日中高生新聞 編集部長
2001年、朝日学生新聞社に入社。編集部記者、出版・新コンテンツ部を経て、2020年から現職。
記者時代はスポーツや囲碁など、さまざまな分野で活躍する小・中学生から、海外の教育事情まで幅広く取材。職業紹介のコーナーも長年、担当した。生き生きとした子どもたちや働く人たち表情を切り取る撮影も心がけてきた。
編集者としても学習漫画や受験関連書籍、絵本まで幅広く手がけた。

賞・賞品

  • 【グランプリ】

    各部門から1点

    グランプリ賞品

    賞状・副賞
    (図書カード5万円分)

  • 【準グランプリ】

    各部門から1点

    準グランプリ賞品

    賞状・副賞
    (図書カード2万円分)

  • 【富士フイルム特別賞】

    小学生部門から1点

    富士フイルム
    特別賞賞品

    賞状・
    インスタントカメラ(チェキ)

  • 【キヤノン特別賞】

    中学生部門から1点

    キヤノン特別賞賞品

    賞状・キヤノン
    ミニフォトプリンタ

  • 【高等学校文化連盟全国写真専門部賞】

    高校生部門から1点

    高等学校文化連盟全国写真専門部賞賞品

    賞状・三脚

  • 【アイデムGood Job賞】

    全部門から3点

    アイデムGood Job賞賞品

    賞状・副賞
    (電子書籍リーダー)

  • 【優秀賞】

    各部門から2点

    優秀賞賞品

    賞状・副賞
    (図書カード1万円分)

  • 【佳作】

    各部門から10点

    佳作賞品

    賞状・副賞
    (図書カード3千円分)

  • 【団体奨励賞】

    複数年にわたり、学校・クラス単位で応募いただいた小学校・中学校・高等学校から1校ずつ

    団体奨励賞賞品

    賞状・副賞
    (3万円相当の商品券)

  • 【参加賞】

    応募者全員

    参加賞賞品

    オリジナル
    コットンポーチ

入選作品展

2022年11月24日(木)~12月7日(水)
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
(アイデム本社ビル2F )
交通:東京メトロ丸ノ内線
「新宿御苑前駅」徒歩2分
※その他、名古屋・大阪でも開催予定

お問い合わせ先

0120-938-989

受付時間/平日10:00~17:00

よくあるご質問は
こちらから

トップへ戻る