1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 新人研修では何をおこなうべき?新入社員を育てるためのカリキュラムを解説
Re:Term

新人研修では何をおこなうべき?新入社員を育てるためのカリキュラムを解説

育成ノウハウ

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

新人研修をしようと考える会社は少なくありませんが、どのような研修が人材育成に適切なのか迷うこともあるでしょう。

この記事では、新人研修の進め方やカリキュラムの内容、実施の注意点を解説していきます。有意義な新人研修をおこなえるよう、ポイントを押さえていきましょう

新人研修とは?

新人研修とは、新卒や中途採用社員など、あらたに入社した社員を対象におこなわれる研修を指します。新人研修の内容は会社によって様々ですが、ビジネスマナーをはじめとした社会人スキルの習得から、業務に関わる知識や実践的なスキルの習得まで多岐にわたります。

新人研修は、新入社員が配属先で業務を円滑に進められるようにすることを目的としています。そのため人事は、どのような研修をすれば新入社員がスムーズに会社になじめるかを考えて研修内容を決める必要があります。

この記事では、主に新卒で入社する社員を対象におこなう新人研修について解説していきます。

新人研修をおこなうメリット

新人や配属先にとって有意義な研修をおこなうには、新人研修のメリットをしっかり押さえておく必要があります。

ここからは、新卒社員を対象に新人研修をおこなうメリットと、その理由を解説していきます。

社会人としてのマナーや知識を身につけられる

新入社員の多くは、社会人経験がありません。そのため、社会人としての基本的なマナーや知識を身につける機会が必要です。

新人研修におけるマナー研修、コミュニケーション研修などを通じてしっかりとビジネスマナーを身につけさせましょう。

仕事に主体性を持って取り組むことができる

社員として活躍するには、自ら仕事に臨む積極的な姿勢が必要です。

しかし、仕事の意義や目的をしっかり理解してもらわなければ、与えられた仕事をただこなすだけの人材になってしまうかもしれません。

新人研修において仕事の意義や目的を伝えることは、今後どのように活躍していきたいかを考えるきっかけになります。主体性を持って働けるよう、仕事のやりがいを伝えていきましょう。

同期と親交を深めることができる

新人研修では、同じ時期に入社した同期と行動する機会が増え、親交を深めることができます。同期同士で活発に意見交換ができるようになれば、会社全体としてのまとまりも強くなり研修後も情報交換がスムーズになる可能性もあります。

また、新人の早期離職を防ぐためには、似た環境で働く同期との絆がとても大切になります。新人同士が悩みや相談事を気軽に話せる雰囲気を作り、慣れない環境でのストレスを解消してもらいましょう。

新人研修の基本的な進め方

新人研修の目的やメリットを踏まえて、研修実施に向けて動き始めましょう。研修の内容にもよりますが、早いところでは1年前から新人研修の準備をする会社もあります。計画的に準備を進めていきましょう。

ここからは、具体的な新人研修の進め方や、研修内容を決める際のポイントを解説していきます。

新入社員のスキルを把握する

まずは新入社員に必要な研修の内容を決めるため、現時点で新入社員が持っているスキルを分析します。PCスキルや事務スキルなど知るため、履歴書で資格や特技の欄を確認しましょう。

また、コミュニケーション能力やリーダーシップについては、選考時などにおこなう性格診断の結果から把握できます。

新入社員のスキルや、現時点で足りない点などは人事側で共有し、必要な研修について意見を出し合っておくとよいでしょう。

配属先が必要としている能力をヒアリングする

次は、新入社員にどのような能力が必要とされているのかを配属先や関係者に確認しましょう。実際に現場で求められる能力を知ることで、研修に盛り込むべき内容が見えてきます。

現場の課題点を聞きながら、研修の内容をより深く検討していきましょう。

研修の目標を定める

新入社員に求める能力が決まったら、新人研修の最終的な目標を決めましょう。

最終目標がないまま研修を実行すると、能力の評価が難しくなります。また、研修をおこなう側の課題意識も薄くなってしまうので、研修の目標は研修に関わる人全員で共有しておくことが大切です。

目標は、新人に身に着けさせたい能力で決めましょう。例えば新人に、取引先の人と会うときの基本的なマナーを身に着けさせたい場合、挨拶はできているか、失礼な言葉遣いをしていないか、といった評価項目の用意が必要となります。

具体的なカリキュラムと期間を決める

目標を決めたら、研修内容と期間を具体的に決めていきましょう。研修に関係する部署とスケジュールを調整し、無理のない計画を立てることが重要です。

研修の実施・振り返り

研修中は、新人が期日ごとの目標を達成できているかどうか、適宜確認して計画を見直しましょう。なかなか計画通り進まないときは、研修の期間を延ばすなどの工夫が必要です。

研修をおこなったあとは、どれだけの効果があったかを振り返りましょう。研修に携わった人の意見を集め、見えてきた課題を翌年以降の新人研修に活かすこともできます。

新人研修のカリキュラム内容

具体的な新人研修の計画を作成するにあたり、実施するカリキュラムに悩む担当者は少なくありません。特に初めて研修担当となった場合、そもそも新人研修では何をすればよいかわからない、というケースもあるでしょう。

ここからは、導入研修、職種別研修に分けて新人研修でどのような内容を盛り込めばよいか解説していきます。

導入研修

新人研修では、社会人としての基本的なマナーと心構えを身につけるための導入研修をおこないましょう。具体的には、ビジネスマナー研修、社会人の心得を知る研修、自社の理念を伝える研修、コミュニケーション研修などをするとよいでしょう。

新卒で入社する社員の多くは、まだ社会人としての基礎ができていない状態です。どの部署でも必要とされる基本的な力を身につけてもらい、まずは社会人としての自覚を持たせましょう。

職種別研修

導入研修を実施したあとは、配属先に合わせた職種別研修をおこないましょう。研修内容は職種によって異なります。

実際の業務に近い内容を研修で経験しておくことで、配属後スムーズに仕事を始められるようになります。現場で活躍できる戦力を育てるため、配属先が新人にどのような能力を求めているか確認し、研修に必要な内容を盛り込みましょう。

新人研修カリキュラムの主な手法

研修の目的や内容が会社に合ったものでも、効率が悪く、必要以上に時間のかかる研修では新人の能力も伸び悩んでしまいます。新人研修を具体的にどう進めればよいかわからない、という方は研修でよく使われる手法を知っておきましょう。

以下、新人研修の主な手法について、それぞれ解説していきます。会社の新人研修で活かせる手法を実施計画に盛り込みましょう。

  • OJT
  • OFF-JT
  • ロールプレイング
  • グループワーク

OJT

OJTとは「On the Job Training」の略で、実際の現場で働きながら能力を上げていく研修を指します。現場の雰囲気を感じながら実務を学べるので、配属直前の研修として取り入れるとよいです。

OJTの内容は、配属先の業務によって異なります。先輩の仕事に同行する、基礎的な実務でスキルアップを図るなど、職種に合わせた研修を考えましょう。

OJTと似た言葉に、OFF-JTというものもありますが、OFF-JTは現場から離れておこなうセミナーや研修のことです。OJTとOFF-JTは組み合わせて実施することが大切なので、バランスを見ながら計画を考えましょう。

OFF-JT

OFF-JTは「Off the Job Training」の略で、実際に勤務する現場とは違う場所でおこなう研修のことを指します。具体的には、現場から出て教育・育成の専用プログラムを受講させたり、外部の機関がおこなうプログラムに参加させたりして必要な能力を育成します。

多くの会社では、OFF-JTにおいてビジネスマナーに関する研修などをおこなっています。職種に関わらず、社会人として必要な基礎スキルを学ぶ機会にもなるため、新人研修でOFF-JTを取り入れるとよいです。

ロールプレイング

ロールプレイング研修とは、参加者それぞれが役割に分かれて演じることで、現場で起こるシチュエーションを疑似体験することです。顧客のもとに営業に行く、顧客からの電話に応対するなど、実際にありそうなシチュエーションを演じることで使えるスキルを習得できます。

また、ロールプレイングでは、一人ひとりに焦点があたるため、個人の課題も見つかりやすいです。全体に向けた知識習得の研修だけでなく、ロールプレイングで個人の成長テーマを見つける機会を与えましょう。

グループワーク

グループワークとは、グループで話し合い課題を解決していく研修です。グループワークでは、同期と話し合って一緒に作業をすることで、協調性やコミュニケーション能力を磨くことができます。また、チームで仕事を進めていくことの大切さを学ぶ機会にもなるため、実施するとよいでしょう。

また、新入社員が多い場合、様々な人とコミュニケーションを取れるように異なる組み合わせで何度かグループワークをおこなうとより効果的です。同期と話すきっかけを提供し、横のつながりを強化しましょう。

新人研修を実施する注意点

せっかく新人研修を実施しても、内容や方法によってはむしろ新入社員の意欲が削がれてしまう可能性があります。研修をする際には、研修の効果が最大限発揮できるよう注意しなければいけません。

新人研修をする上で気をつけておきたいポイントは、以下の通りです。

  • 座学だけで終わる研修をしない
  • 新入社員の目標を高く設定させすぎない
  • 振り返りではミスの指摘だけで終わらせない

新人研修をさらに充実させるため、それぞれのポイントを見ていきましょう。

座学だけで終わる研修をしない

新人研修の中で、会社の理念や社会人として必要な知識について座学で習得する機会も多いでしょう。しかし、座学で習得した内容はアウトプットする機会がなければ定着しづらいとも考えられます。

そのため、座学で終わらせるのではなく、必ず実務を体験してもらいましょう。実際に配属先で働く先輩と一緒に実務を経験すれば、自分の働くイメージを持ちやすく、モチベーションアップにもつながります。

新入社員の目標は高く設定させすぎないようにする

新人研修をする際、新入社員に自分で目標を設定させる会社は多いです。しかし、高すぎる目標を設定させると、実現できなかった際に挫折につながります。

目標設定では、無理のない目標を立てるよう指導したほうがよいでしょう。人事部で目標の例をいくつか挙げるのも効果的です。

振り返りではミスの指摘だけで終わらせない

新人研修の振り返りでは、新入社員のミスや足りなかった部分を指摘することもあるでしょう。しかし、できなかったことだけを厳しく指摘しても、新入社員のモチベーションは落ちる一方です。

ミスの指摘をする際には、新入社員の良かったところにも触れて、反省点とともに今後に活かせる振り返りをしましょう。

会社の重要な資産である新入社員を新人研修で大事に育てよう

新人研修をおこなうことで、配属先での業務を円滑に進めることができるようになります。新入社員が早く会社になじみ、戦力となれるよう、人事は研修を通してしっかりサポートしましょう。

新人研修の内容は、新入社員の能力や配属先の事情に合わせて、毎年見直す必要があります。社会人としての基本的なマナーを学べる導入研修のほか、この記事で紹介したOJT、OFF-JT、ロールプレイング、グループワークなどを通じて新入社員の能力を伸ばしましょう。

新入社員は、会社の大事な資産です。少しでも早く新入社員が成長できるよう、有意義な新人研修をおこないましょう。

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 新人研修では何をおこなうべき?新入社員を育てるためのカリキュラムを解説

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の⽅は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス