1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 採用ノウハウ
  5. 求職者の約90%が「選考中に動画があった方が良い」と回答。採用動画の検討時に必ず押さえたい3つのポイント
Re:Term

求職者の約90%が「選考中に動画があった方が良い」と回答。採用動画の検討時に必ず押さえたい3つのポイント

採用ノウハウ

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

こんにちは。採用から定着・戦力化まで、人材に関するあらゆるご支援をしておりますアイデムのライターチームです。

近年、需要が非常に高まっている「採用動画」。
応募率を高めるだけでなく、採用・入社率アップや、採用後のミスマッチを低減させ、採用効率を高めるなどの効果も期待できます。
1分間の動画の情報量はウェブサイト3,600ページ分に相当すると言われており、スマートフォン等で簡単に視聴が可能で、短時間で多くの情報や自社の魅力を伝えられる「動画」を活用する企業が増えてきています。
今回は、目的やターゲットに合わせて検討すべき採用動画の種類や、効果的な動画の見せ方について解説します。

Index

  • 求職者の約90%が「選考中に動画があった方がよい」と回答。採用動画の有効性とは
  • 採用動画の種類と、想定される効果とは
  • 採用動画検討時に、必ず押さえたい3つのポイント
    1. 採用課題
    2. 採用ターゲット
    3. 作成した動画の活用方法

求職者の約90%が「選考中に動画があった方がよい」と回答。採用動画の有効性とは

近年、消費者のモバイルシフトは急速に進んでおり、株式会社ビデオリサーチが2022年1月に行った調査では、メディア総接触時間は445.5分に達し、視聴デバイスでは「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り、首位になったことが発表されました。

今後5Gが普及し、通信速度の高速化が進むことで、ユーザーのスマートフォンを中心とするインターネットコンテンツの視聴は、より動画中心へとシフトすることが予想されます。

そうした状況も追い風となり、「採用動画」は近年非常に需要が高まっているコンテンツです。上記の通り、「動画」が身近なものなっている情勢に加え、テキストに比べて分かりやすく、多くの情報を求職者へ伝えることができるというメリットもあり、採用に取り入れる企業が増えています。下記のアンケート結果からも、動画が採用活動に好影響をもたらしていることが分かります。

こちらのアンケートでは、採用動画への期待が高いことや、採用動画が志望度UPのきっかけになっていることが分かります。動画が採用活動に好影響を与えた背景として、「求職者が仕事選びの際に知りたい情報が増えてきたこと」があります。社内の様子や、1日の業務内容・仕事の流れ、また社員同士の交流や、在籍している社員・スタッフの働き方など、求職者が知りたい情報は多岐に渡ります。ただ、こういった情報をテキストベースにすると、膨大な量になってしまいます。ここで活躍するのが、動画です。動画の1分は、ウェブページの3,600ページ分に相当するとも言われています。採用動画を活用することで、短時間で自社の魅力をたくさん発信することができるようになるのです。
このように、動画をうまく活用することで、求職者の期待値や志望度を上げることが可能になります。

採用動画の種類と、想定される効果とは

下記は、採用活動の流れに沿って、活用したい採用動画と、動画によってどのような効果が見込めるのかを図解にしたものです。

対面での会社説明会等では、上記の流れをすべて組み込み、1時間~2時間で行う場合も多いでしょう。
ただ、採用動画の場合は、できる限り短く、用途に応じた動画を複数用意するということがポイントになります。統計的に、人は毎日150回ほどスマホを起動しており、その起動時間は1回につき約1分である、と言われています。20分や30分などの長い動画を作ってしまうと、企業側が最も伝えたい箇所まで到達せずに動画を離脱してしまう可能性も少なくありません。

自社が伝えたいPRポイントを、漏れなく求職者に見てもらうためには、採用動画は長くても3分程度でまとめるのが理想です。

採用動画検討時に、必ず押さえたい3つのポイント

では、どのように採用動画を作れば良いのでしょうか。ポイントは3点あります。

1. 採用課題

初めに考えるべきなのは、「貴社の採用課題」です。

「応募がこない」ことが採用課題であれば、考えられる要因は「認知されていない」か、「一定の認知はあるものの、応募に至る動機付けが弱い」かのいずれかが考えられます。
「応募・面接まで進むが、入社に至らない」場合は、選考段階で貴社の魅力が十分に伝わっていないことが想定されます。
「入社した方にミスマッチがあり、早期離職してしまう」のであれば、入社前の業務理解が浅いか、会社の雰囲気や経営理念(パーパス)が十分に伝わっていないことが要因かもしれません。

上記のように、採用課題によって、検討すべき採用動画の種類は異なります。まずは、自社の採用課題が何であるかを、明確にしましょう。

2. 採用ターゲット

次に考えたいのは、「採用ターゲット」です。

例えば、新卒採用で活用したいのであれば、学生が企業選びの際に重視することを踏まえた上で、採用動画の中身を検討していく必要があります。

上記は、あさがくナビ2023年で実施されたアンケートのデータです。こちらを見ると、就活生は、仕事内容に次いで「一緒に働く社員との相性」や「福利厚生」を重視していることが分かります。実際に活躍している若手社員に、同僚との関係性や職場の雰囲気、休日の過ごし方などをインタビューした動画など、ターゲットに合わせた動画を作成することで、より効果的なアピールに繋がります。

また、中途採用やアルバイト・パート採用の場合は、採用したい年齢層や職種によっても、求職者が重視したいポイントが変わってきます。採用ターゲットを明確にし、その方の目線で「どんな採用動画があると良いだろうか」と考えることが大事です。

3. 作成した動画の活用方法

最後に考えたいのは、「作成した採用動画をどのように活用するか」です。ここでは、3つの活用例をご説明いたします。

1つ目はYouTubeへのアップロードです。
公式アカウントを作成し、YouTube上に採用動画のみならず、商品PRや企業ブランディングなど、様々な動画をアップしている企業が増えています。一方、求職者側も、YouTubeを始めとした動画サイトで社名検索をして、情報収集するユーザーが増えています。採用チャネルとしても、YouTubeは非常に有効です。また、YouTubeに動画をアップすることで、求職者以外の人の目に触れる機会も増えます。多くの人に動画を閲覧してもらうことで、企業の認知度が高まり、ブランディングに繋がるといったメリットも期待できます。そのため、企業にとっては、動画作成後、「どのように多くの人に見てもらうか」を考えたときに、着手しやすい手法であると言えます。

2つ目は、採用HPへの埋め込みです。

求職者は、気になった企業があれば、多くの場合、その企業の採用HPを閲覧します。その際、訪問したサイトにテキストでの説明だけでなく、職場の雰囲気や仕事内容が分かる「動画」が埋め込まれていれば、仕事や会社への理解度が上がり、応募へ繋がるケースも少なくありません。

3つ目は、YouTubeの動画広告です。会社の認知度に課題を感じている場合や、採用活動と併せて企業ブランディングやサービス認知も進めたい場合にも有効です。

YouTubeの「動画広告」にも様々な種類があり、ユーザーが視聴したい動画の開始前や最中に数秒~数分間流れるものが広く知られています。数秒間強制的にユーザーに視聴をさせるものや、数秒後にスキップの有無が選べるものなど様々なメニューがあることも特徴です。
動画広告の良いところは、視聴単価が安く、かけた広告費用に比例して、多くの認知を広げることができる点です。自社の採用活動への認知は勿論、事業やサービス認知にも繋がるため、採用以外でのニーズや訴求ポイントなども含めて計画できるとより理想的といえます。

このように、採用動画を検討する際には、

  1. 採用課題
  2. 採用ターゲット
  3. 作成した動画の活用方法

以上3点を考えることが必要です。

アイデムでは、採用動画の企画・制作を承っているだけでなく、作成した動画を活用した、より効率的な採用計画について、他社の導入実績や事例を踏まえてご提案しています。採用動画にもともと興味があった方も、現在採用がなかなかうまくいっておらず、どこかを改善したいなど漠然としたお悩みをお抱えの方も、ぜひ一度アイデムへご相談ください。

アイデムには、人材採用から戦力化までの一連のプロセスにおける多様なノウハウがあります。
最適な人材を採用し、定着・戦力化するまでのすべての過程でサポートさせていただきます。

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 採用ノウハウ
  5. 求職者の約90%が「選考中に動画があった方が良い」と回答。採用動画の検討時に必ず押さえたい3つのポイント

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の方は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス