1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 人事・労務
  5. 2022年度の最低賃金は過去最大の引き上げ幅。最低賃金が上がる理由とは。
Re:Term

2022年度の最低賃金は過去最大の引き上げ幅。最低賃金が上がる理由とは。

人事・労務

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

こんにちは。採用から定着・戦力化まで、人材に関するあらゆるご支援をしておりますアイデムのライターチームです。

2022年8月1日に、2022年度の最低賃金について、引き上げ額の目安を現在の全国平均時給930円から960円にすると報じられました。現在の平均額から31円の引き上げで、過去最大の増加幅となります。

そこで今回は、【8月発表】2022年度の最低賃金引き上げの方向性と、求職者が希望する賃金額について職業別にまとめました。

Index

  • 最低賃金制度とは?
  • 【8月発表】2022年度の方向性について
  • 職業別・求職賃金~求職者が希望する賃金はいくら?~
  • まとめ

最低賃金制度とは?

「最低賃金制度」とは、「最低賃金法」に基づいて国が定めた最低賃金額以上の賃金を、使用者が支払わなければならないとする制度です。
最低賃金の目的については、最低賃金法第1条に下記のようにあります。

第1条(目的)
この法律は、賃金の低廉な労働者について、事業若しくは職業の種類又は地域に応じ、賃金の最低額を保障することにより、労働条件の改善を図り、もつて、労働者の生活の安定、労働力の質的向上及び事業の公正な競争の確保に資するとともに、国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする

つまり、最低賃金とは「労働者の最低限の生活を保障し、国民経済を回していく」ために定められているのです。
そのため、使用者と労働者の間で最低賃金を下回った金額で雇用契約を結んだ場合、法律によって無効とされます。もし給与の支払い額が最低賃金以下だった場合、差額の支払いが必要になり、罰則(50万円以下の罰金)が科される場合もあります。

最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金です。残業代やボーナスは含まれません。
では、次項にて2022年度の最低賃金引き上げについてみていきましょう。

【8月発表】2022年度最低賃金引き上げの方向性について

最低賃金引上げ額の目安については、例年7月中に発表されますが、今年は8月に入ってからの発表となり、協議に時間を要したことが予想されます。過去最大の上げ幅となった背景には、ロシアのウクライナ侵攻などに伴う、急激な物価上昇(消費者物価指数も上昇傾向)が大きく影響しています。物価の上昇は、労働者の家計への影響と、企業の経営への影響の両方に大きな打撃を与えています。また、コロナ禍からの景気が回復しきっていないことも要因の一つです。

今回の大幅な最低賃金引上げは、ある意味既定路線とも言えます。
最低賃金は、政策・方針によって上げ幅の目標が決まっています。(平成29年に安倍政権下の働き方改革の取組の一環として「早期に全国平均1,000円を目指す」という数値目標が定められました。)
2019年までは政府の意向に沿って年3%程度の引き上げが行われてきましたが、2020年はコロナ禍の影響で引き上げは見送られました。そして昨年は、反対もあったものの、もとの引き上げ幅に戻して3%程度の引き上げとなりました。
2022年度の新しい最低賃金の適用は、10月に行われる予定です。

職業別・求職賃金~求職者が希望する賃金はいくら?~

最低賃金とは「労働者の最低限の生活を保障し、国民経済を回していく」ために定められていると、上述しましたが、企業の採用活動においては、最低賃金を上回っているということだけでは、なかなか応募の獲得には繋がらないのが現状です。最低賃金と合わせて、求職者が希望する賃金はどの程度なのか、自社の求人条件の給与と乖離がないか確認することが大事です。

そこで、東京労働局が出している職業別求人・求職賃金状況をまとめてみました。求職賃金とは、その名の通り「求職者が希望する賃金」のことです。

【東京】職業別求人・求職賃金状況 2022年5月より抜粋
  • 上記はあくまで東京労働局にて受理した求人データであり、就業地が他県である場合も含まれます。

こういったデータは、各都道府県のハローワークで出されています。採用を開始するときは勿論、採用活動に苦戦している際に、参考にしたい数字です。

まとめ

  • 最低賃金引き上げの理由は、「労働者の最低限の生活保障」と「それにより国民経済を回すこと」
  • 2022年度は、原価高騰の影響で、過去最大の引き上げ率となり、全国平均時給930円から961円となる見込み

感染が収まりつつあったコロナウイルスは、東京都で1日の感染者数が3万人を超えるなど(2022年8月時点)、また猛威を振るってきています。感染者増を受けて、以前より人流や経済の動きが鈍化している印象も受けますが、感染拡大が落ち着いてくるタイミングで再び経済活動も活発になり、併せて求人市場も盛り上がりを見せることが予想されます。とくに、9月は多くの求人が出される時期です。今一度、求人を出す地域の最低賃金や、求職賃金を確認して効果的な求人広告を出していく必要があります。

「うちの給与金額は妥当?」「なかなか採用に至らないのは募集時の金額のせい?」等々、給与の設定に関するお悩みは、ぜひ一度弊社にご相談ください。そして他社の事例を含めて分析し、求人広告への適切な表記方法をご提案いたします。

アイデムには、人材採用から戦力化までの一連のプロセスにおける多様なノウハウがあります。
最適な人材を採用し、定着・戦力化するまでのすべての過程でサポートさせていただきます。

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 人事・労務
  5. 2022年度の最低賃金は過去最大の引き上げ幅。最低賃金が上がる理由とは。

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の方は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス