1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 採用担当者向け!採用サイト制作前に押さえるポイント

Re:Term

採用担当者向け!採用サイト制作前に押さえるポイント

採用担当者向け!採用サイト制作前に押さえるポイント

採用ノウハウ

この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

最近では、採用のための「採用サイト」を制作する企業が増えています。他社の採用サイトを見て、自社でも採用サイトを制作しようと考えている人事担当者の方も多いのではないでしょうか。採用サイトを制作する際は目的や訴求内容などを明確にしておくと、より高い効果が期待できます。

そこで今回は、採用サイトを制作するメリットやデメリット、効果的な採用サイトにするために最低限盛り込みたい情報についてご紹介します。採用サイトを作って採用力を高めたい採用担当者は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

採用サイトとは

採用サイトとは、新卒/中途採用の求職者に対して、企業の採用に関するメッセージを伝えるためのサイトです。企業のホームページはお客様や株主など、さまざまなステークホルダーに向けてのメッセージを発信しています。それに対して採用サイトは求職者にターゲットを絞っているため、より深いメッセージを発信することができます。

採用サイトの目的は優秀な人材に応募してもらい、自社に入社してもらうことです。つまり、サイトを見た求職者が応募したい、入社したいと思わなければ採用サイトの意味がありません。求人媒体では掲載しきれない情報の公開が可能であり、場合によっては求職者向けにパスワードを設定して通常は非公開にしている企業の情報を伝えたりすることなども可能です。採用サイトを制作することは、企業側の尽力も必要不可欠なので、しっかり目的を見据えて効果的に作りましょう。

採用サイトのメリット

ここでは、採用サイトを制作するメリットについてご紹介します。

自由に制作できる

求人媒体では、ページの構成や盛り込む内容などがある程度テンプレート化されています。一方、自社で制作する採用サイトはページ全体を自由に構築できます。そのため、他社との差別化を図り、求職者へ向けたメッセージを余すことなく伝えられます。

求人媒体では文字情報が大部分を占めますが、独自に制作する採用サイトであれば、画像や動画なども制限なく自由に配置できます。例えば、入社した後の働き方をイメージできるような動画を作成して求職者の興味を喚起し、応募への意識を醸成することもできます。

求職者のミスマッチを減らせる

採用サイトでは、自社についてはもちろん、募集の概要についてより深く伝えることができます。求職者に「どのような人材を求めているのか」を細かく伝えることは、自社が求めている人材により近い人材からの応募を増やすことにつながるため、採用の効率が上がります。

また、サイトで実際の業務内容や社員の1日についてなどを紹介すれば、入社して実際に働いているイメージを求職者に抱かせることもできます。

多くの人の目に留まる

採用サイトは、企業の募集要項に興味を持った求職者の受け皿になります。例えば社員全体で採用サイトをSNSでシェアすれば、費用をかけずとも多くの方に採用活動をしていることをアピールできるでしょう。

求人媒体では媒体を見に来た人にしかアピールできない「待ちの採用活動」となりますが、独自の採用サイトであれば広報活動次第で「攻めの採用活動」を行うことが可能です。また、求人媒体では媒体ごとのノウハウを使わなければなりませんが、自社で運営する採用サイトであれば、ノウハウは社内に積み上げていけるため、長期的に採用力を強化することにもつながっていきます。

採用サイトのデメリット

さまざまなメリットのある採用サイトですが、もちろんデメリットもあります。

費用と労力がかかる

採用専門のサイトを制作するにはある程度の予算がかかります。また、質が悪ければ効果が乏しく、求職者へ企業の魅力を伝えることが十分にできませんので予算と相談しながら魅力的な採用サイトを構築していく労力もかかります。

社内を巻き込む必要がある

採用サイトを魅力的にしていくためには、採用担当者だけでなく、社内を巻き込んで協力を得る必要もあります。例えば、社員へのインタビューや現場の様子などを紹介するコンテンツは、求職者へ企業のメッセージを伝えるために役立ちますが社員の協力が不可欠になります。したがって、社員全体に採用サイトの重要性を理解してもらうことが、採用担当者や人事部に求められます。

採用サイトを制作会社に依頼する場合も、制作会社に任せっきりにしてはいけません。サイト全体のコンセプトや、求職者に必ず伝えたいメッセージは制作者に正確に伝えないと表現できません。採用担当者はサイトに関して、統括する役割も担っていると考えるとよいでしょう。

採用サイトに必要な情報

魅力的な採用サイトを制作するために、どのような情報を掲載すれば効果的かご紹介します。

コンセプトが明確に伝わるトップページ

採用サイトはメッセージを届ける相手を絞るため、トップページで採用コンセプトが伝わるかが重要です。どのような会社で、どんな人材を求めているのか分かるコピーを打ち出さなければなりません。トップページで求職者を引き付け、その他のページも閲覧してもらえるような工夫が必要です。

理念が伝わる「ABOUT US」

採用活動では、企業理念に共感を持っている方から応募してもらうことが重要です。そのためには、採用サイトで明確に理念を提示する必要があります。企業理念を伝えるためのコンテンツのひとつとして、例えば代表メッセージを掲載するのも効果的です。

あわせて、事業内容や将来どのようなビジョンを見据えているのかなどを伝えるページも作ると効果的です。

働き方や会社の雰囲気

現場の雰囲気が伝わるページも重要です。現場の社員がどのような働き方をしているのか、社内にどのような文化があるのかもぜひ紹介しましょう。

文字だけでなく、例えばインフォグラフィックを用いて、データで会社の雰囲気を伝えるのも効果的です。女性が働きやすい職場である等の特徴や、男女比を掲載したり、成長している会社であることをアピールするために業績や社員数の推移を掲載するのもよいでしょう。

メンバー紹介

採用サイトにおいて、メンバー紹介は非常に効果的です。求職者の中には「どう働くかより、誰と働くかが重要」と思っている方も少なくありません。特に成長を望んでいる若年層の場合は、尊敬できる社員がいるかを重要視している方もいます。

メンバーを紹介する方法には、インタビューやQ&A形式で掲載する方法などがあります。また新しい社員が入った時に、コンテンツを追加しやすいようにサイトを構築しておくと、更新しやすくなります。仕事の話題だけでなく、人柄やプライベートの様子が伝わるメンバー紹介も効果的です。

募集要項

募集要項の内容は、求人媒体に掲載している内容とほとんど同じであるケースも少なくありません。そのため、募集要項には求人媒体へのリンクページを貼り、応募も求人媒体経由で行う場合もあります。

採用サイトの制作を検討中ならJOBギア採促

採用サイトの構築を検討しているなら、「JOBギア採促」がおすすめです。
企業理念、事業内容、スタッフインタビューなど採用サイトに必要な情報の制作・運営が行え、アイデムが運営する求人サイト「イーアイデム」への求人掲載もボタン一つで行える機能を備えています。企業の独自性をアピールした採用サイトの構築と効率的な求人募集の両方が実現可能です。

まとめ

採用サイトの制作は、採用力をアップさせるために効果的な手段のひとつです。

最近では求人情報を発信できる場所が増え、求職者に入ってくる情報量も膨大になっています。そのため、採用活動は一筋縄ではいかないこともあります。競合他社と差別化をするためにも、独自の採用サイトを制作し、募集要項だけでなく、自社の文化や雰囲気、メッセージを正しく丁寧に伝えるように心がけましょう。


この記事をシェア
  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

一緒に見られている記事

  1. TOP
  2. 法人向けサービス
  3. リターム
  4. 採用担当者向け!採用サイト制作前に押さえるポイント

お問い合わせCONTACT

お問い合わせ前に、
よくあるご質問をご参考いただくと
解決できる場合がございます。

上記以外の⽅は
下記からお問い合わせください。

アイデムの採用サービス